2008-08-22

ソイルで底面濾過(設置後)

前回は「ソイルで底面濾過するぜ!」ってことで記事にしましたね。

今回は その結果(&効果)を。。。

 

まず、例の如く タンクデータを。

水槽 : ADA 45P(45cm水槽)

照明 : 20w×3灯(PG-Ⅱ、PG-Ⅲ、パルック・プレミア)

外部フィルター : エーハイム L2235(エコL)

濾材(4段) : エーハイムメック、サブスト・プロ×2段、荒目パッド+ウール

底面フィルター : エーハイム外部直結(3541)

底床 : アクアシステム プロジェクトソイル・エクセル(高さ6cm・・・フィルター含)

レイアウトアイテム : 青龍石、流木

水草 : パールグラス、南米ウィローモス(流木活着)

※ 現在Co2は無添加。その代わりにエアレーションを24時間。

 

ま、ありきたりの装備ですね。。。catface

 

 

さて、設置当日の様子が 下記の写真です。

0818101  

 

 

 

 

 

 

 

外部フィルターは引き続き使用しているので、バクテリアも繁殖中。

本来ならば数日待てば良かったのですが、時間の関係で省略しました。

(・・・スマン、お魚&エビちゃん達よ)

水は若干白濁し、ガラス面やソイルには気泡が。

間違いなく「立ち上げ当初の水槽」だってコトが伺えます。

 

そして 1週間後を撮影。。。

0818102_2  

 

 

 

 

 

 

 

水は驚くほど透明にhappy02。水草も上へ伸びて光を受け止めています。

ちなみに白濁は翌日にはすっかり消えて 写真同様のクリアな水に。

これには ホント驚きましたね。

今までのソイル水槽ではあり得なかった出来事です。

え?ソイルから出る濁りは?流木のアクは?って感じで。

 

左の石組部分を撮影してみました。

0818103  

 

 

 

 

 

 

 

あえてパールグラスだけにしたのは、高光量で底を這わせるため。

今までにも何度か経験しましたが 上手にトリミングさえすれば、

まるでグロッソのように 地を埋め尽くすパールグラスになるのです。

(チャームさんでも紹介されていましたね)

グロッソに比べて隙間が広いので、濾過&エビの隠れ家に最適かと。

 

今度は右の流木部分。

0818104  

 

 

 

 

 

 

 

これまでも使用していたモス活着流木と、そのままの流木の2本を使用。

ポイントは活着させていない流木の使用です。

この流木はソイル面に倒し、エビの隠れ家に。

将来的にはパールグラスが枝の下を潜る姿が見られるかな?って意図も。

あと、モスが侵食して 自然に流木へ活着する姿も見ていきたかったのです。

 

既に2週間経過しますが、コケの発生は殆ど見られませんね。

ガラス面には少しヒゲ状のコケが見られますが、長さ2mm程度。

エビさんにとっては「数時間分のおやつ」ってトコでしょうか?

 

生態の☆も無く、コケもほぼ発生していない。

水は非常にクリアで、まるでお魚が空中を飛んでいるかのよう。

これが外部直結底面フィルターの威力なんでしょうか?

 

あとはサボらずに水草のトリミングを行っていくだけですかねぇ?

 

 

・・・って それが一番厄介なコトなのかな?coldsweats01

 

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2007-09-23

隠れ家探し

先日 またリセットしてしまった水草水槽。

流石に水草はまだまだ伸びていないので、殺風景ですね。

依然として肥料の黄ばみは”グリーンFゴールド”の如く存在していますが、

「ほっときゃ落ち着く」の精神で放置する事にしました(笑)

いや、自然なんてそんなもんですよ。

コケも抑制剤なんて使用しない。白濁もしばらく待つ。

日々環境に合わせて繁殖するバクテリアのパワーを信頼していますので。

 

あれ?なんか2チームが別々の想いで前面にいますよ??

※大量の気泡はバクテリア繁殖を狙ったエアレーションです。

0709184  

 

 

 

 

 

 

 

 

まず左側の石には・・・。

0709185  

 

 

 

 

 

 

 

何から身を潜めているか分かりませんが、ヤマトさんの集団が。

見事な色彩の同化で オーラを隠しております。

 

一方 右側では・・・。

0709186_2  

 

 

 

 

 

 

 

オトシン’sが隠れ家を探して彷徨っておりました。

こちらもソイルと若干同化。

 

どちらもこれから激務が続くと思うんで、今のうちに休んでね♪

 

| | コメント (62) | トラックバック (0)

2007-09-20

またリセットしてもた

水景作りってホント難しいですよね?

イメージはできていても、それを形にする事の大変な事。

しかも予算があったり、お店に欲しい材料が無かったり。

ですから、自分の脳内にある水景を作り上げた方って尊敬しますよ。

でも100%の力を発揮できた人なんて いないんだろうなぁ。

どんな人でも妥協せざるを得ない難易な創作。

それもまた アクアの魅力なんでしょうけどね。

 

さて、タイトルにもあるように またリセットしてしまいました。

今回の原因は、先日植栽したキューバパール。

掘り起こされた事もありますが、ソイルの調子がどうも良くないのです。

なかなか根付かないキューバパールやパールグラス。

今まで調子が良かったパールグラスなんて、久しぶりの根腐れ。

やはり、買って開封後1年も放置したパウダーのソイルってダメなのか?って。

他にも原因は多々あると思いますが、一番の要因をまず排除。

新品のソイルで再びチャレンジすることにしたのです。

 

今回使用したのは ADAのアマゾニア・パウダー。

これ1種類です。

その代わり、底面の基礎にはチャームでサンプルとして貰った溶岩石。

これが結構な量になったので、パワーサンドの代わりに使用してみました。

(ナンボ貰ってんねん。。。)

パウダーのソイルだけでは目詰まりを起こし、止水域ができてしまいそうだったので。

よって、今回は 溶岩石→固形肥料→パウダーソイルの順で敷きました。

 

それと同時に今までやってみたかった石組にも挑戦。

それは平面ではなく、段階的な盛り土。

某ブログで以前見た光景が どうも目に焼きついてしまって。

(thanks to 水狐さん(笑))

 

で、とりあえずこれにて完成。

0709181  

 

 

 

 

 

 

注水がいつの間にか 念願のリリィパイプになっています(笑)

地元のショップに在庫があったので、ソイルと一緒に購入しました。

 

今回のポイントは左側の石組。

木化石を組み 隙間にソイルを入れてみました。

収穫の秋らしく「棚田(段々畑)」をイメージ。

キューバパールの生長で 豊かな段々畑になる事を祈って。

しかし背面の大きな石、もう少し低くて茶色が良かったなぁ。。。

でも正面から見れば、手前の畑と奥の山みたいでなんとなく遠近法。

0709182  

 

 

 

 

 

 

 

 

前面&右背面はシンプルに キューバパール&パールグラスで。

パールグラスは常時10cmくらいでカットしていきたいですね。

そのうち流木の周りにも植えて、森の中から木が生えた!って感じにしたいなと。

0709183  

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに今回は 石巻さんの投入をずっと先にしたいと思います。

キューバパールが育ってから十分に活躍してもらおうかと。

 

・・・しかし、既に困った事が。

実はベースとなる基礎と一緒に入れた テトラ・イニシャルスティック。

分量が多い&溶け出して 水がちょっと黄色になってます(汗)

 

ブラックウォーターまでも演出する粋なリセット。

これは怪我の功名で・・・良いのか??

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007-08-24

のびーる

この夏から水位を上げたためか 脱走者が多かった水草水槽。

ヤマトさんはもちろん、一番頼りにしていたのは石巻さん。

ほんの数ミリの水位を乗り越えたら そこはガラスの反対側。

・・・そりゃ出るわな(汗)

 

そんな事もあって 水草水槽には今年も自作ネットを。

(すげー遅い公開だが)

例の如く プラスチックのアングルに網戸を接着したものです。

0708205  

 

 

 

 

 

 

 

3つのコーナーには 配管&チューブ用に切り欠けを。

左後ろには そのままPC用のファンを置いて冷却しています。

もう少しメッシュの広いほうが 光を通して良いんですけどねぇ。。。

 

このネットのお陰で 飛び出しは勿論ゼロ。

エアレーション時の水ハネも無くなりました。

 

そして石巻さんも元気にコケ取りに専念中。

0708201  

 

 

 

 

 

 

 

・・・よく頑張った(汗)

 

ゆらゆらと揺らめく ヒスイ色の「努力の証」。

今ではすっかり綺麗なガラス面。

逆にオトシンさんの食料調達に苦悩中。。。

 

| | コメント (61) | トラックバック (0)

2007-08-18

水草水槽 改

さてお盆休みも もう終わり。

となると、水槽のメンテに時間をかけられる期間も終わり。

つー事で 最終のテコ入れは水草水槽です。

 

本日に至るまでには 短くも多数のリセットがありました。

 (詳しくご覧になりたい方は左の「カテゴリー」から「水草水槽」を)

今思えば3月ごろのグロッソを植えたときが 一番綺麗だったかも。

以降、グロッソのクセに苦戦する事になりました。

 

では 前回から今回のリセットまでの流れを簡単に。。。

まず、石の位置を変更した時。

右に2つあった石を1つ中央に配置。

石による広がりを見たかったのです。

0708134  

 

 

 

 

 

 

その後、左背面にヘアーグラスを植栽。

やはり初期の葉は枯れましたが、ちゃんと新株の飼育ができました。

ここで左の石の高さと崩れたソイルが気になる。

0708135  

 

 

 

 

 

 

で、左の石を撤去して 新規に配置。(石は全て木化石です)

少し高くなった分、背面に寂しさを感じる。

0708136  

 

 

 

 

 

 

このまましばらく見守っていましたが、グロッソがどんどん浮くように。

蛍光管を交換したので 光量は今までよりも強くなったはず。。。

ランナーで伸びてはいるのですが、地に足が着いていないという感じ。

水温のせいか?栄養が不足しているのか?石巻さんが掘ったのか?

色々試してみましたが、どんどん浮いてくるグロッソ。

・・・ここでグロッソの絨毯は断念する事に。

 

そして現在。

メインの草原部分には キューバパールグラスを植栽しました。

0708137  

 

 

 

 

 

 

とりあえずキューバパールが生長するまでがんばってみます。

 

・・・さてお気づきでしょうか?上空のリシアの生長具合を。

ピンポン玉サイズが 今ではソフトボールサイズに。

底面はもう空いていないので・・・このまま泳がせる事にします♪

 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007-05-24

グロッソ その後

グロッソを植えてしばらく。

生長した証として 小さな子株が生えてきました。

前景の何株かは真上に伸びていきましたが、日々キッチリ矯正。

このエリアのヤツに限っては 上に伸びることを許しません(頑固オヤジ)

 

逆に後ろのヤツらは自由奔放。上にも横にも好き勝手。

前景の「箱入り娘」と 後景の「ドラ息子」って感じですかね?

頑固オヤジは メリハリをつけて育てます!

(決して 息子が可愛くない訳ではない)

 

一番左が初期の株。 現在右へ進行中です。

0705161  

 

 

 

 

 

 

 

こうやって見ると、古株は徐々にコケているのが分かりますよね。

そして、新株は 葉が丸くなっていくのが分かります。

 

こっちは 古株が右上。新株が左下。

0705162  

 

 

 

 

 

 

 

さっきと同じように 新株は葉が長いけれど、新株は葉が丸い。

これは 途中でCo2の添加量を見直ししたためです。

与えすぎると葉が細長くなるので、少し添加量を抑えてみました。

 

ただ、添加量の調整によって コケの繁殖スピードも変わってくるんですよね。

早くなるのか?遅くなるのか? その辺も見ながら再度検討しなくては。

 

そうそう、飼い主に似て頑固な株も発見。

0705163  

 

 

 

 

 

 

 

必死に石にしがみつく 頑固なグロッソ。

普通の株に比べたら 凄く小さいんですが、見事に活着しております。

(ピンセットでも取れないくらい)

 

小粒でもピリリと辛いのは 山椒だけではないようですね。

 

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2007-05-18

グロッソおんりぃ

先日まで維持していた水草水槽。

あまりにもグロッソの勢いが凄いので、一旦リセットしました。

まぁ、リセットとはいっても 水草を抜いただけ。

ソイルの量や石組、流木の位置はそのままです。

 

リセット後の全景は後で見ていただくことにして・・・。

久々に 前景へ「ちょこん」と植えたグロッソ。

こうやって見ると なんか可愛いですね。

0704238  

 

 

 

 

 

 

 

 

そして運良く(?)真上に伸びたグロッソ。

これもまた生命の息吹が感じられて 趣があります。

0704239  

 

 

 

 

 

 

 

前景には横へ伸びるグロッソ。

後景には上へ伸びるグロッソ。

07042310  

 

 

 

 

 

 

 

 

えー、実は今回はこれだけで行ってみようかと(爆)

 

横伸びするグロッソの後ろには 天へ向かって伸びるグロッソ。

ま、後景のグロッソはいつの日か「やっぱ横でいいや」と妥協するでしょうが、

今回は あえてそこまで狙ってみました。

07042311  

 

 

 

 

 

 

そうすれば グロッソだけで奥行きが演出できるかな?と思って。

目の前に広がる 薄い緑の絨毯。

その後ろには こんもりと広がるグロッソの丘。

それが 完成予想図・・・いや、完成想像図です。

 

出来上がるのは・・・グロッソの気分次第ですけどね!

(あと、自らのプライドも半分ほど)

 

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2007-04-30

地下工事進行中

いやー、今日も掘り日和だねぇ。

 

0704237  

 

 

 

 

 

 

 

・・・そんな感じ?

 

 

なんか化石に見えるんですケド。。。

 

| | コメント (62) | トラックバック (0)

2007-03-29

増えすぎぃ

グロッソの植栽をして しばらくした頃の水槽。

今思えば 非常に良い光景でしたね。

ソイルこそ見えていますが、今から地面を覆うという躍動感。

人工的ではありますが、なかなか良いバランスだったと思います。

0703181  

 

 

 

 

 

 

 

お魚も緑に映えて 綺麗な姿でした。

0703182  

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・でした? 過去形?

 

実はしばらくトリミングしないうちに こんな姿になってしまったのです。

 

0703183  

 

 

 

 

 

 

 

あああ・・・自由すぎる。 自然すぎるぅ!

 

グロッソの「絨毯」は 時間とともに「ファー」に変わったのでした(汗)

 

・・・植え替え用に 厳選し放題のグロッソ。

嬉しいやら 悲しいやら。

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007-03-13

石巻さん

今更・・・と思われるかもしれませんが、初めて石巻さんを迎えました。

今までは コケ取り貝=ラムズだったのです。

となると、気になるのが 繁殖とコケ取り能力。

繁殖に関してはアベニーのご飯になるので良いのですが、

コケ取り能力の低さには困っていたのです。

 

折角の石組が緑になってきた・・・それが購入のきっかけでした。

 

投入してみると やはり能力の高さに驚き。

今まで1週間に1度は定規で掃除していたガラス面。

現在では 殆ど気にならなくなってきました。

0703045  

 

 

 

 

 

 

 

必死に「はむはむ」する姿も板についています。

若干大きいのが邪魔ですが、仕事=存在感としましょう。

 

0703046  

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、一番期待していた石組のお掃除。

写真を見ていただければ分かりますが、ちゃんと元の色が出てきています。

これを何周もして、本来の色に戻してくれました。

0703047  

 

 

 

 

 

 

 

ラムズに比べてコケ取り能力も高く、水槽では増えない。

やっぱ水草水槽に適しているんだな~と実感したのです。

 

そうそう、他の水槽にも派遣しています。

特にアベニー水槽には良いですね。

正直 貝には目が無いアベニーの攻撃を心配しました。

でも ラムズに比べて攻撃されるポイントが狭いので、

☆になることも無く 元気にお仕事をしてくれています。

 

ちなみに10匹購入したのですが、水合わせ中に2匹が脱走。

・・・どこだ?(汗)

 

| | コメント (11) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧