2007-09-05

おっかけアベニー

先日フィルターを新調し、底砂を「濾過ジャリ」に変更。

底部は驚くほど綺麗で 水質も安定しています。

やっぱり底面濾過の効果って凄いんでしょうかね?

「ヤマトソイル(俗名)」が確実に分解されているようですもの。

 

そんなアベニー水槽。

先日気になる光景を撮影しました。

0708261  

 

 

 

 

 

 

 

あ、オスアベニーがメスアベニーに愛をアピール。

メスのお腹に付いた気泡と、ポカンと開けた口がなんとも可愛い♪

 

これが「1vs1」のアピールかと思ったら、なんか違う様子。

オスが1匹増えて、2匹で追いかけていました。

(移動が分かるように、定点カメラ風の画像でお楽しみください)

0708262  

 

 

 

 

 

 

 

0708263  

 

 

 

 

 

 

 

0708264  

 

 

 

 

 

 

 

そして どこまでも続く猛烈なアタック。

 

0708265  

 

 

 

 

 

 

 

2匹の悪代官に追われる ふとっちょの町娘。

 

こうして江戸の町は繁殖期を迎えたのであります。

 

続く。。。 (つーか、続いてほしい)

 

| | コメント (23) | トラックバック (1)

2007-08-30

アベニー水槽のヤマトさん

アベニー水槽には コケ取りが3種類。

・・・といっても他の水槽と同じですが。

オトシン、石巻、ヤマトと 定番の連中です。

 

石巻さんはガラス面をハグハグ。

オトシンさんはナナをペタペタ。

ヤマトさんは・・・

0708204  

 

 

 

 

 

 

 

飛び出し防止ネットをつまつま。。。

(網がたわんでいるので 水面に触れちゃう)

 

・・・いや、なんか違う(汗)

でもヤマトしかココの掃除はできない。

 

これはこれで住み分けができていると考えて良いのだろうか?(悩)

 

| | トラックバック (0)

2007-08-15

アベニー水槽 改

世間ではお盆休み。

既に夏休みに入っている学生さんは勿論、

大人にとっても夏休みとなる時期ですね。

(一部の方は お仕事お疲れ様です)

 

先日 トントン水槽の濾過を見直すことになったのは 夏休みのお陰。

レイアウトや機材の変更には 結構な時間が必要ですもんね。

(実際はすぐに終わったが)

この夏休みを有効に使おうと、他の水槽もいぢってみることにしました。

 

その第二段が アベニー水槽。

このアベニー水槽も やはり濾過が問題。

ふぐ系はホント水を汚すんですよねー。

現在、外部フィルターと底面濾過の併設で行っていますが、

今回変更したのが 底砂。

・・・というのも折角の底面濾過なのに 今までのガーネットでは目が細かい。

深い赤色のお陰で汚れが目立たないのは長所なんですけどね。

底面フィルターに詰まったり、ウールが必要だったりと大変なのです。

 

ということで 久しぶりに「濾過ジャリ」を使用しました。

これなら目が粗いので 底面フィルターも詰まらない。

色はもう少し黒い方がいいんですけどねー。

0708131  

 

 

 

 

濾過ジャリの細かな粒子が浮いて 若干水は濁っていますが、

外部フィルターのバクテリアが住み着けば吸着してくれるでしょう。

植えた水草を抜いたため 隠れ家が少なくなったのは可哀想ですが、

その辺はこれから考える事にします。。。

 

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2007-08-03

新フィルター導入

先日発生した外部フィルターの漏水。

未だに原因は不明なのですが、とにかく代替が必要。

アベニーの数を考えると 底面フィルターだけではキツイですからね。

 

漏水した当日にチャームでポチったモノが 翌日到着しました。

今回購入したのは エーハイム・エコL(2235)です。

ウチでは始めてのエーハイム製外部フィルター。

老舗ではありますが、機能面が古いのでは?という理由から、

今まで導入を保留にしていたのです。

 

結論から言えば 導入は大正解。

呼び水も簡単で容量も水量も十分。 テトラEX同様に動作音は静か。

濾材コンテナもメンテナンスしやすいし、パーツも豊富。

特にパイプを自分で簡単にカットできるのは嬉しいですね。

なにせ 今までは固いプラスチックでしたから。。。

背の低い水槽の排水には高さが合わず非常に悩まされました。

(排水口が底にブチ当たってパイプが浮く)

 

真夏に備えて十分な酸素が行きわたるように、デフューザーも購入。

アベニー水槽は 小さな気泡でいっぱいになりました。

0707315  

 

 

 

 

 

 

 

大量の気泡と強めの水流に揺らめく「おまつ菜」。

おまつさんから頂いたナナね)

部分的に水流が弱い所もちゃんとあるので、アベニーも安心。

適度に運動できて 健康状態も良さそうです。

 

しかし細かな気泡が多いと、すぐに水が減りますねぇ。

その分 気化熱効果で水温は下がっているのでしょうが、

毎日の給水が必須になってきました。

 

| | コメント (60) | トラックバック (0)

2007-07-13

ふわふわアベニー

先日の記事では 励ましのメッセージをありがとうございました。

未だに長期休暇に慣れていませんで、時間の過ごし方に困っています。

映画、買い物、水槽の管理、外出しても連日の雨。。。

流石にそれだけでは時間が余りすぎるので、部屋の模様替えをしてみました。

続々出てくる 懐かしのアイテム。歴史を感じるレアなお宝。

それに見入ってしまうと掃除が進まないので、我慢して処分。

・・・そんな日々の繰り返しです。

しっかしヒマですねぇ。。。そのうち蕎麦を打っちゃうかも(笑)

 

さて、部屋に入ったり 水槽に近づくと寄ってくるアベニー。

オーナー(?)の方はご存知、この姿に萌え~なんですよねぇ。

 

今日は そんな帰宅直後のアベニーを。

0706201  

 

 

 

 

 

 

 

心待ちに前面にお集まりのみなさん。

・・・>動画 (無加工)

 

まだご飯じゃないのに 寄ってきてソワソワ(笑)

いつアカムシが投入されてもいいように 準備万端。

ここで赤虫専用のミニタッパーを見せると、ダンスが始まるのです。

 

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2007-06-19

でぶりん

食いしん坊が集まる アベニー水槽。

ここまで世代の違ったアベニーが増えてしまうと、

エサの投入量が難しかったりします。

 

チビっ子は食べる。でも大きい子はもっと食べる。

そこに一度に赤虫を投入するもんだから、当然群がる。

大きい子に食事制限をさせたくても意味が無い。

かといって隔離するのは悲しいし、場所もない。

 

・・・となると こんな子も出てくるわけで。。。

0706097  

 

 

 

 

 

 

 

ね?凄いお腹でしょ?

健康的にも良くないとは思うんですけどね。

 

0706098  

 

 

 

 

 

 

 

チビっ子も気になってるみたい。

自分とは全然違う体格。そりゃ興味があるわ。

 

0706099  

 

 

 

 

 

 

 

同意を求めないのっ。

 07060910  

 

 

 

 

 

 

 

 

だから 同意を求めないのぉ~。

 

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2007-06-07

食事への意気込み

アベニー水槽のあるところでは、こんな姿が・・・。

0706033  

 

 

 

 

 

 

 

食欲と ちくちくマツモとの葛藤。

お腹は空いているけど、このまま突っ込むとマツモが痛い。

そんな深い光景ですね。

 

また あるところでは・・・。 

0706034  

 

 

 

 

 

 

 

自由気ままに食べ放題の姿が。

 

個人的には 1枚目の子を今後も応援したくなりますね。

頑張れ、負けるな。ちくちくなんて怖くないさ!

・・・あれ?でもこれって ただ食い意地が凄いだけなのか?(悩)

 

| | コメント (24) | トラックバック (0)

2007-06-04

優柔不断

更新が遅れてしまいました。。。

そればかりか 皆さんのブログにお邪魔さえしていない。

お邪魔しても コメントを残せず。。。申し訳ありません。

 

実は自宅のPCにトラブルがあったり、車関係で色々行くところがあったり。

車のほうは 後日お伝えするとして、PCは依然不安定。

・・・不定期になるかもしれないことを 事前にお伝えしておきます。

 

さて、「ちびころ」ちゃんたちも 大きくなってきました。

昔みたいに 頭でっかちではなく、身体も大きくなってきましたよ。

毎日沢山のご飯を食べていれば 当然でしょうけどね。

 

そんな ちびころアベニーの食事風景。

赤虫を投入した後の 迷っている姿が好きなんです。

沢山あるのに どれを食べようか?って観察している姿が。

0706031  

 

 

 

 

 

 

 

0706032  

 

 

 

 

 

 

 

決められないのか、たまーに覗き込む この顔っ!

「だったら全部食べちゃいな!」

きっとそう思うのは どの飼い主も共通。

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007-05-22

木陰にて何を思う

0705164  

 

 

 

 

 

 

 

水の中の 可愛い雨宿り?

 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007-05-20

幼稚園?保育園?

さて 突然ですが、皆さんは幼少時代「幼稚園」でした?「保育園(所)」でした?

オイラは「保育園」でした。

 

ご存知の通り、この呼び名の違いは 管轄する省庁の違い。

「文部科学省」か「厚生労働省」か で違ってくるんですね。

ま、細かく言えば「先生」の資格やら採用方法も若干違うのだとか。

今回は その辺の要項は関係ないので、割愛させていただきます。

 

そんな保育園には 様々な思い出があります。

 

初めて保育園に行った時、今までずーっと一緒だった婆さんとの別れが悲しくて、

外を見ながら 延々と泣いていたという記憶。

 

園児の母達がタオルでぬいぐるみを作り 保育園に寄付。

ウチのオカンが作ったぬいぐるみが大人気で、自分の物なのに

触れなかった悲しさの反面、みんなに喜ばれ 誇らしかったという記憶。

 

卒園式当日に石垣から落っこちて 目の上を7針縫う怪我。

それでも肌色の色紙を患部に貼り付け、何も無かったように撮影した集合写真。

 

小さなガキが記憶している 鮮明な思い出。

詰め込み教育が無かったからこそ、そんな些細なことも覚えているんでしょうか?

某自動車メーカーのCMでもありましたが、「モノより思い出」という言葉。

生活には必要ない事かもしれないけど、覚えていたい記憶ってありますよね。

 

小さい頃何が楽しかった?・・・と聞かれたときに、

紙に書ききれないほど 溢れ出す思い出はステキだと思うのです。

 

 

さて、ウチのチビ達が暮らす幼稚園(保育園?)・・・。

0705165  

 

 

 

 

 

 

 

 

この子達の記憶に残るのは 飼い主の顔か?ご飯の味か?

 

| | コメント (14) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧