« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007-07-31

新車について語ろうか

なんか好例になりました雑記のコーナーです(笑)

まぁ、ブログって日記としての意味もありますので たまにはいいかと。

 

先日お伝えした「英国日産のSUV」ですが、「デュアリス」ってヤツです。

07072025  

 

 

 

 

 

 

 

流石に車好きの方はご存知のようで、すぐに分かったようですね。

本日はその記事について書いていこうかと思います。。。

 

さて、以前メモリの購入時に「+α」と書いた事を覚えていますか?

この記事

この車のオーディオは CD、DVDの他に メモリカードも対応。

PCからメモリに転送して挿せば そのまま車で聴けるのです。

・・・そのために メモリを購入したのでありました。

 

今回気になったのは 設計を含めて英国産だという事。

「逆輸入車」・・・と言えば聞こえはいいですが、これがなかなか厄介です。

ワイパーブレードは特殊な取り付けのため、国産が適合するか現在不明。

ウォッシャー液もミスト状に噴射されるという独特の方法。

そして内装の細かな部分ではありますが、国産に無い自由な作り。

バリなんて気にしない。少しのキズなら ノープロブレム!って感じ。

「これが紳士淑女の国の製品かぁ」・・・と色んな意味で考えたものです。

 

でも 総合的には良い車だって感じました。

2000ccのエンジンはとても静かで、タイヤの転がりノイズが気になるほど。

車重が重いので加速はイマイチですが、高速の合流も平気。

実燃費は15~17km/ℓ と、結構良いほうですしね。(田舎走行の場合)

本国では爆発的な人気で、日本でも1ヶ月半で1万台の受注。

今から契約しても納車は10月以降になるそうですね。

 

・・・しかし 日本のCM、どーなんでしょ?

都会的で近未来的なイメージはいいのですが、ロボって。。。

→ 日本国内のCM

欧州で流されたCMの方が 個人的には好きだなぁ。

→ 本国 欧州のCM

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007-07-28

穴があったら・・・

「穴があったら入りたい」・・・。

ご存知、恥ずかしい時に隠れてしまいたい っていう意味ですね。

お魚にはそんな事関係ないようですが、穴に興味を示すのは同じのよう。

 

ミクロソリウム植え替えのため、一時移動された竹炭ハウス。

クラウンローチのぴえ~るは その存在に興味津々。

0707101  

 

 

 

 

 

 

 

お散歩中に発見した竹炭ハウス。

中には誰も居ませんが、どんな構造なのか 凄く気になるようですね。

 

0707102  

 

 

 

 

 

 

 

沢山の小さな穴。1階だけでは飽き足らず、2階も凝視していますよ?

前ヒレを上手に使って ぐっと身体を持ち上げています。

 

0707103  

 

 

 

 

 

 

 

しばらく観察した後、ついに行動を開始(笑)

興味の方が先導したため、自分のサイズまで考えていないようです。

それでも力いっぱい入ろうとする ぴえ~る。

所詮コリサイズの穴。ぴえ~るにとっては小さすぎるようですね。

 

0707104  

 

 

 

 

 

 

 

・・・やっぱり(汗)

 

がっくり肩を落として悲しむ ぴえ~る。

その背中には哀愁さえ漂うのです。

 

つーか、身の程を知れ。

 

| | コメント (63) | トラックバック (0)

2007-07-25

水族館の旅 魚津水族館②

本日は魚津水族館の不真面目レポートです。

多分 こっちの方が好きな方が多いのでは?(笑)

 

水族館ではお馴染み、「ふれあい水槽」がここにもありました。

貝やウニ・ヒトデがメインですが、注意書きに唖然。

07072013  

 

 

 

 

 

 

 

・・・過去に盗難の被害でも?(汗)

持ち帰っても維持するのは大変だろうに。

 

館内に入ってすぐの日本淡水水槽。

ここにはダルダルの受付嬢がいらっしゃいました。

07072014  

 

 

 

 

 

 

 

・・・柳原可奈子のショップ店員!?

お腹の出具合がいい感じで、しかも前面でまったり。

魚津のナマズは西船よりも鬼熱いって感じぃ?

 

湧水を実現させるのは凄いが、周りの藍藻がまた凄い。

07072015  

 

 

 

 

 

 

 

グラスキャット水槽にはグラスが。

本人達は思いっきり無視しておりましたが。

07072016  

 

 

 

 

 

 

 

回遊魚水槽の中にはダレた奴らも。

07072017  

 

 

 

 

 

 

 

・・・ちょっとは動けや。

しかも なんで人目に触れる場所なんだよ。。。

07072018  

 

 

 

 

 

 

 

ブラックゴースト水槽には ステキなアイテムが。

木の枝で作った「十字架」が入っていました。

ゴーストだから十字架?・・・他に案は無かったのか?

07072019  

 

 

 

 

 

 

 

タツノオトシゴ水槽には なぜか竹。

このセンスには しばらく悩みました。

深いのやら 浅いのやら・・・未だに謎。

07072020  

 

 

 

 

 

 

 

この水族館、正直規模は最小ランク。

イルカなんていませんし、アシカのショーもありません。

ですから一番大きいのは このアザラシ。

残念ながら餌付けショーはギリギリ間に合いませんでしたが、

その後の行動に ほんわかムード。

 

食べたら寝る・・・鉄則ですね。

ただ、29℃を記録したこの日、あえて日向で寝ていました。

・・・横に影があるよ♪

07072021  

 

 

 

 

 

 

 

そして仲間はプール内で涼しげ。

07072022  

 

 

 

 

 

 

 

でもなぁ。。。引きで見てみると。

07072023  

 

 

 

 

 

 

 

・・・浮き寝?

泳いでいる風には見えません。ずーっとこのままの体勢。

 

そうそう、富山県民には馴染みのある この水族館。

昔から当たり前だと感じていましたが、今になって気づいたことが。

ペンギン水槽なんですが、駐車場から見えるんですよね。

そう、おもいっきり外に設置してあるのです。

07072024  

 

 

 

 

 

 

 

ですから水族館に行けば、誰でも無料で見ることができるのです。

なんと太っ腹な設備なんでしょう。

国内広しといえども、こんな水族館は少ないかもしれませんね。

 

・・・と2回に渡って記事にしました 今回の水族館の旅。

確かに規模は小さいんですが、その分お値段もお手ごろ。

いきなり大きな水族館に行くより、この規模で楽しむ。

子供にはきっと良い思い出ができると思うのです。

沢山のお魚を短時間で見るより、少しのお魚をじっくり楽しむ。

それを元に子供達は水族館が好きになっていくのでしょうね。

「きっかけ」があっての「発展」だと思うのです。

 

この水族館には そんな策略があるのかもしれません。

・・・多分。(富山県民としてのフォロー)

 

続きを読む "水族館の旅 魚津水族館②"

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2007-07-22

水族館の旅 魚津水族館①

不定期シリーズの「水族館の旅」。

今まで福井石川と行きまして、北陸最終章は地元富山です。

 

魚津水族館 (富山)・・・公式HP

「うおづ」と読みます。

ちなみにこの地名、聞かれた方がいらっしゃるかも。

富山湾名物の「蜃気楼」が見られる地域なんですね。

お隣の滑川(なめりかわ)では 春にホタルイカが見られます。

背後には立山連峰。雪解け水が注ぐ富山でも有数の漁場です。

水族館からは向かいの遊園地と日本海が一望できるのです。

0707201  

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、館内に入ると日本淡水水槽が。

水槽というよりはテラリウム的なレイアウト。

水族館ならではの規模ですね。

0707202  

 

 

 

 

 

 

 

お隣にはアマゾン水槽が。こちらもテラリウム風。

近くのボタンを押すと、アマゾンの野鳥や雷の音が。

雰囲気満点です。

0707203  

 

 

 

 

 

 

 

一部にはグッピー水槽が。

60cm水槽には飼育員の方が考えられたレイアウト。

稚魚が沢山で非常に可愛い水槽でした。

0707204  

 

 

 

 

 

「アマノガワテンジクダイ」

七夕にちなんだ展示ですが、星のような綺麗な姿。

0707205  

 

 

 

 

 

 

 

「エレファントノーズ」

フランスのコンコルドみないな形状ですね。

0707206  

 

 

 

 

 

 

 

ご存知 ウパ。

大人ウパは本水槽の岩陰でまったり。

0707207  

 

 

 

 

 

 

 

4月に生まれた子供ウパは産卵箱で隔離中でした。

0707208  

 

 

 

 

 

 

 

「マアナゴ」は集団で隠れていました。

この魚に書いてあったコメントが なかなかイカしていました。

『夏が旬で、鮨や天ぷらにすると大変おいしい』

・・・哀愁満点。

0707209  

 

 

 

 

 

 

 

「オウムガイ」

怒らせると赤く光って襲われます・・・多分。

07072010  

 

 

 

 

 

 

 

「電気ウナギ」には測定器付き。

近寄るだけで一気に電圧が上昇。

設置してあるスピーカーからはハウリングのような異音が。

威嚇やエサの捕獲に電気を使うって・・・凄い進化ですよね。

07072011  

 

 

 

 

 

 

 

もちろん地元の回遊魚も大型水槽に展示。

群れで泳ぐ姿は非常に優雅なものですね。

07072012  

 

 

 

 

 

 

 

・・・と、魚津水族館「真面目レポート」はここまで。

次回はいつもの「不真面目レポート」でも♪

 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007-07-19

共有する喜び

類は友を呼ぶ・・・という言葉があります。

このアクアブログもそうですが、同じ目的を持つ仲間が集う。

そんな光景は 第三者から見れば不思議なものでしょうが、

当の本人は 非常に楽しいものですよね?

 

今では「アキバ系(A系)」と呼ばれるようになった、「オタク」も同じ。

外から見れば なんてコアな集団だろう?と思いますが、

共通の趣味を持つ人間の中では そんなのは普段の行動なのです。

 

お魚の為に高価な道具を揃え、デジカメを新調する。

自作で機材を作成し、完成したらニヤニヤ。

水景を見るために遠くまで足を延ばし、熱く語る。

フィギュアがお魚になっただけ。雑誌もタイトルが違うだけ。

よーく考えれば 結局はアクアも同類なんだと感じてしまうのです。

 

その言葉に共感している皆さんは 納得しているんでしょうけどね。

・・・そう、自分も「アクアオタク」なんだって(笑)

 

さて、お魚の中でも同じ現象が起こっているようですね。

種族は違っても、やっている事は同じ。

0706304  

 

 

 

 

 

 

 

同じ角度でシンクロする デカいのが2匹。

・・・下で真似する「バビ子」が いとをかし。

 

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007-07-16

さよならキューブ

(7/16昼 記載)

本日新潟で地震がありました。

フォッサマグナと呼ばれる地溝帯があるだけに 地震が発生しやすい場所。

富山の自宅は震度3でしたが、断層が同じ関東では震度4を観測したとか。

「近いから揺れる」という地震に対する概念は無くなり、

改めて断層単位で揺れは発生するのだと感じました。

皆さんもお気をつけください。

・・・しかし 被災地はADA本社の区域ですよね。

連休に行かれた方もいらっしゃるはず。

怪我がなかった事、無事帰宅できることをお祈りします。

 

 

(以下 事前に書いておいた本日の記事)

ウチの水槽の歴史は テトラの25cmキューブから始まりました。

ガラス製で フィルター、ライト、ヒーターがセットになったお買得版(?)。

コーナー部はR曲げ加工され、当時はスタイリッシュに感じたものです。

ホームセンターで売っている、シリコンがコテコテのものは好きじゃなかったので。

 

そして、17cm、30cmキューブ、45cm、60cm・・・と購入。

現在使用しているものは4台。眠っているものは3台となってしまいました。

とりあえずは このままの本数で続けていきますが、縮小する可能性も。

逆に本数を増やして拡大する事はないでしょう。

恐らく これ以上の本数は管理できないだろうという考えからです。

 

そして本日、またキューブが減りました。。。

 

続きを読む "さよならキューブ"

| | コメント (65) | トラックバック (0)

2007-07-13

ふわふわアベニー

先日の記事では 励ましのメッセージをありがとうございました。

未だに長期休暇に慣れていませんで、時間の過ごし方に困っています。

映画、買い物、水槽の管理、外出しても連日の雨。。。

流石にそれだけでは時間が余りすぎるので、部屋の模様替えをしてみました。

続々出てくる 懐かしのアイテム。歴史を感じるレアなお宝。

それに見入ってしまうと掃除が進まないので、我慢して処分。

・・・そんな日々の繰り返しです。

しっかしヒマですねぇ。。。そのうち蕎麦を打っちゃうかも(笑)

 

さて、部屋に入ったり 水槽に近づくと寄ってくるアベニー。

オーナー(?)の方はご存知、この姿に萌え~なんですよねぇ。

 

今日は そんな帰宅直後のアベニーを。

0706201  

 

 

 

 

 

 

 

心待ちに前面にお集まりのみなさん。

・・・>動画 (無加工)

 

まだご飯じゃないのに 寄ってきてソワソワ(笑)

いつアカムシが投入されてもいいように 準備万端。

ここで赤虫専用のミニタッパーを見せると、ダンスが始まるのです。

 

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2007-07-10

人生の転機を迎えて

先月末から今日に至るまで 非常にバタバタした日が続きました。

記事も公開するのがやっとで、皆さんのブログにもお邪魔できない。

そんな毎日でした。

 

その理由とは 転職です。

私でむちん、32歳にして転職をしました。

仕事の合間に ダームダーマの神殿(ハローワーク)へも足を運びました。

(↑ご指摘を受けたので訂正(恥))

経験値を稼ぐため 夜は久々に試験勉強をしました。

トルネコの店で買った 一張羅を着て面接にも行きました。

・・・そして 先日内定をいただきました。

 

職場のみんなと別れるのは辛いけど、これも自分の人生。

冷たい言い方ではありますが、誰も保障はしてくれませんしね。

全ては自分で切り開いた道なのですから。。。

 

・・・という私情を伝えたく 本日は記事にしてみました。

 

今では無事業務の引継ぎも終わり、8/1の出社まで有休消化の身。

健康保険なんかの事務手続きこそありますが、平和な7月です。

 

さーて、久しぶりに時間ができたので 水族館の旅にでも行ってこようかと。

その様子は また後日♪

 

| | トラックバック (0)

2007-07-07

「ちびーん」のその後

先日「ちびーん!」を見せてくれた ピグミーちゃん。

 

実はあの後には 続きがありまして。。。

 

0706303  

 

 

 

 

 

 

 

ちーさな身体で頑張ったせいか、ミクロソリウムの上で うとうと。

正面からカメラで狙っているのに、逃げないほど疲れていました。

 

なんか 高いところで休んでいるネコみたいだね(笑)

 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007-07-04

みんなと一緒

むかーし むかし、あるところに ぴえ~るという寂しがり屋がおりました。

このぴえ~る、身体は大きいが まだまだ子供。

一人遊びをするには まだまだ時間がかかるようです。

 

そんなぴえ~る、今日も楽しい事は無いか?と探していたところ。。。

コリの皆さんが遊んでいる光景を目撃。

0706305  

 

 

 

 

 

 

 

この雰囲気に誘われて、近寄ってみることにしました。

 

0706306  

 

 

 

 

 

 

 

ご飯の時間でもないのに みんな集合。

元気に遊びまわっているのです。

ぴえ~るは その中に入っていくことにしました。

 

0706307  

 

 

 

 

 

 

 

温かく迎え入れてくれたコリ一同、元気にあいさつをする ぴえ~る。

 

・・・たいしたオチも無く、今日も楽しく終わるのでした♪

(消化不良とか言うのは禁止で)

 

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2007-07-01

バビ子の後輩

当ブログではお馴染み コリ・ゴッセイの「ばびーん

初め「りぼん」と命名しましたが、今では「バビ子」の愛称となりました。

このじゃじゃ馬ぶりを見ていただければ、納得の愛称ではありますが。

 

そんなバビ子にも後輩ができたようですね。

 

それがピグミーちゃん。

先輩も顔負けの ばびーんぶり。

でもスケールの違いから、「ちびーん!」程度の勢いですが。

0706301  

 

 

 

 

 

 

 

でた!先輩譲りの「ちびーん!」。

まだまだ初心者ですが、キレイな飛び方ですね。

 

0706302  

 

 

 

 

 

 

 

勢いよく頑張った後の この姿もまた可愛い。

 

| | コメント (56) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »