« クリルが好きやねん | トップページ | 親分ってば・・・ »

2007-04-10

星の王子様

熱帯魚を飼いはじめて 本日より3年目に突入しました。

このブログを古くから知っていらっしゃる方はご存知かと思いますが、

オイラが熱帯魚を始めたきっかけは 1匹のお魚でした。

 

小瓶に入れられて「玩具」として売られていた 小さなフグ。

それが アベニーパファの「ぶぅ」でした。

翌日から 瓶では可愛そうだと機材を購入し、ひたすら勉強。

普通は機材などの下準備をしてから熱帯魚を購入するものですが、

なんと無鉄砲だったのかと その頃を思い出します。

 

でも手間と愛情を掛ければ 帰ってくるのがこの世界。

「ぶぅ」はすくすくと育ち、立派なアベニーになっていきました。

 

環境の変化にも強く、病気なんか一切しない。

多少の怪我はありましたが、それでも元気に回復してくれました。

 

そんな「ぶぅ」が 先日☆になりました。

いつも元気だった「ぶぅ」は ある日突然ご飯を吐き出しました。

一生懸命に吸い込むが、すぐに吐き出される赤虫。

それでも諦めることなく吸い込む仕草を繰り返す「ぶぅ」。

大好きなご飯を食べられない もどかしさ。

彼自身 疑問だったでしょう。 なぜ今までと同じことができないのか。

 

小瓶に入れられて売っていた時点で約1歳。 ウチに来て約2年。

3歳と考えればアベニーの寿命と考えるほうが正しいのでしょうか?

外傷もなく綺麗な姿で この水槽から姿を消すことになってしまいました。

 

正直 今回は相当凹みました。

・・・でも アクアを辞めようとは思いませんでした。

写真には写らないけど、今までと同じように泳いでいる「ぶぅ」の姿が見えるから。

水槽をなくしたら 「ぶぅ」の泳ぐところがなくなってしまうから。

 

 

別れを乗り越え、熱帯魚生活の3年目が始まるのです。。。

 

|

« クリルが好きやねん | トップページ | 親分ってば・・・ »

コメント

ぶぅちゃ―――ん!!!
今までいっぱい萌えさせてくれてありがとう―!
でむちんさん、辛かったでしょうね。
ただいまこちらも涙・鼻水たらたらでコメント書いてます。
うちのアベニーと2ヶ月しか変わらないので特に親しみを持ってました・・・
絶対でむちんさんのとこで飼われて幸せでしたよ!
ぶぅちゃんの魂はずっとそばにいてくれると思います。
これからもぶぅちゃんにもらった財産であるアクアを続けてくださいね。冥福をお祈りします(‐人‐)

投稿: にわとり | 2007-04-10 23:09

ぶぅちゃん、ご冥福をお祈りします。
アクアにてを染めるきっかけとなった子ですから、思いいれは 大きかったでしょうね。
 >別れを乗り越え、熱帯魚生活の3年目が始まるのです。。。
悲しいけど、このこと 大切ですね。
今後のでむちんさん家の水槽に幸多かれと ぶぅちゃんが 見守ってくれますよ。

投稿: puku | 2007-04-11 00:16

突然の訃報にビックリして何回も読み返してしまいました。
私もアクアリウムを始めたきっかけがアベニーで、しかもその当時から飼っているかなり高齢のアベニーがいるので、何か他人事のような気がしません。
ぶぅちゃんと一緒に刻んできたアクア暦、ぶぅちゃんから得たことは多いと思います。
このことを糧にこれからも熱帯魚生活を続けていって下さいね。
きっとぶぅちゃんが見守っててくれると思いますよ。
最後に、ぶぅちゃんのご冥福をお祈りいたします。

投稿: きょこば | 2007-04-11 01:22

はじめまして
いつも読ませて頂いていたんですが、勇気がなくて今までコメント残していませんでした。
今日は、とっても哀しいお知らせだったので、参加させて下さい。
やっぱりずーっと長く一緒に暮らしていたものと別れる時の何とも言えない心の痛みは、相当なものですもの。特に思い入れの大きかった子には。ご冥福をお祈り致します。
そしてまたこれからも楽しいアクア生活を続けてください。

投稿: fuutan | 2007-04-11 04:07

皆さん同様、最初に記事を読んだ時言葉が浮かばないぐらい驚きました。
突然の別れは悲しすぎますが、ぶぅ君幸せだったと思います(プロフの写真の顔見ても分かります)。
ぶぅ君に異常が起こったとき、でむちんさんのことだからぶぅ君に出来る限りのことをしたと思います。
今までにでむちんさんが彼に与えた全ては、別れの悲しさはあるけれど、後悔は残ってない、そんな風に記事から感じました。
ぶぅ君はでむちんさんにアクアリウム以外の大きなものも残して行ったと思います。
幸せを残して旅立った星の王子様、向こうの世界でウチのアベニー'sにヨロシクっ!

投稿: 直様 | 2007-04-11 06:28

なんと声をかけていいのやら…。
哀しいお別れがあったのですね。
でも、3年間で、でむちんさんとぶぅ君お互いにいい思い出を作れたのではないですか?
きっと、今もでむちんさんのそばで、泳ぎ回っていますよ。
水槽の中よりも近い場所で。

ご冥福をお祈りします。

投稿: ヒゲ | 2007-04-11 07:49

突然の訃報に私も驚いて…
心中お察しして余るのでコメントに悩み一晩考えてしまいました。
ぶぅちゃんは3年間でむちんさんと暮らせて幸せだったと思います。
あんなにイキイキとかわいい表情でたくさんの人を和ませてくれたのが何よりの証ではないでしょうか?
実は私の所も先月末から白ベタ兄弟が長患いの末立て続けに逝ってしまったんです。
やっと少し落ち着いて記事を書こうとしていたものですから。。。
私たちに比べれば遥かに短い生涯だけど、愛情を一身に受けながら皆を和ませてきたぶぅちゃん、
きっといつまでもでむちんさんのこと見守ってくれてると思います。
(うちの白ベタ一家にもよろしくね!)

投稿: 更紗 | 2007-04-11 11:37

ぶぅちゃん・・・星の王子様になってしまったのですね。
「熱帯魚に泳がされ・・・」を初めてアメブロで目にしたとき、ぶぅちゃんの可愛さに一目ぼれでした。
うちにアベニーがきたのもぶぅちゃんの影響です。
でむちんさんだけでなく、このブログを通してたくさんの癒しを振り撒いてくれましたよ。ありがとう。
いつかどこかで、生まれ変わったぶぅちゃんに出会えますように☆

投稿: tuttybird | 2007-04-11 13:27

こんにちは。
残念でしたね。お見舞い申し上げます。
新しい出会いがきっとありますよ。

投稿: tkatsu | 2007-04-11 15:12

ぶぅちゃんなくなってしまったのですか、、、
大事にしていたお魚がなくなってしまうと悲しいですよね、、、

でもアベニーさんって何匹も飼ってるんですよね?
なんで死んでるこがぶぅだと分かったのですか?

この先またいい出会いがありますように。

投稿: tomo | 2007-04-11 19:40

え・・・
あのぶぅちゃんが☆に・・・(;人;)ナムナム・・・・
でもいつかまた生まれ変わって会いに来てくれるはずです!
元気を出して!

投稿: 流金 | 2007-04-11 21:02

ぶぅちゃん残念です・・・。でも、アクアには別れは付き物、僕もアクアではありませんがペットが☆になった時は相当凹みました・・・。

今のメスアベニーのお腹にぶぅちゃんの子供「ぶぅ2世」がいるかもしれませんよ^o^

投稿: ネクロ | 2007-04-11 21:13

愛着ある主役が逝くと悲しいねぇ
でも寿命だから仕方ないよね

投稿: みなと | 2007-04-12 01:02

なんと、そんな事があったのですか…。
でむちんさん、今は悲しいでしょうけど前進あるのみです。
きっと虹の橋で待っててくれてますよ。
(私の場合、虹の橋で恨みつらみも言われそうですが(--;)

投稿: kinta | 2007-04-12 08:23

ぶぅちゃん残念でしたね、心中お察しいたします。
でも寿命をまっとうしたんだと思いますよ。
でむちんさんはアベニーから始まったのですか!
ウチも、その予定でしたが同居させるバンブルがなかなか見つからなかったんで
めだか5匹から始まりました(その5匹はもういませんが)
まだ1年を迎えていない初心者ではありますがアクアの魅力に侵されてます...

投稿: waka | 2007-04-12 08:58

あぁ・・・・・・。
同じアベ萌え仲間としてその気持ち痛いほどわかります。
他のたくさんのアベニー仲間も、そしてうちもいつかは・・・、と思うと切ないですが、こればかりはどうしようもないですね。
当然ここにも書ききれないほどの思い出があったことと思います。
記憶だけは消えないですし、幸いなことに今はブログでの記録もありますから、ずっと忘れることはないですね。
2年間、ぶぅちゃんも楽しく幸せだったと思いますよ。

投稿: 38brain | 2007-04-12 22:03

★彡 にわとりさん
うん、今回は結構きました。。。
でも彼からアクアという趣味を貰ったのは大きな財産ですね。
おかげで皆さんとも知り合えたし。
1匹のフグがこれだけ愛されるなんて凄いことだって思いましたよ。

★彡 pukuさん
今となってはいくつも水槽を持っていますが、最終的に1コだけになったとして
も、アベニー水槽だけはずーっとあると思います。
オイラがアクアを卒業する日は きっとアベニーも卒業する日。
アベニーに始まり、アベニーに終わる。それがこだわりです。

★彡 きょこばさん
アクアを始めるきっかけがアベニーという方は多いでしょうね。
昔よりも設備が安価になったというのもあると思いますが、
熱帯魚の世界をもっと身近にしてくれた存在だと思ってます。
昔から憧れていた熱帯魚の世界。連れてきてくれてアリガトウって気持ちです。

★彡 fuutanさん
ようこそいらっしゃいました。
こんな暗い記事なのにコメントをいただけるのは非常に嬉しく思います。
そして、今まで見守ってくださりありがとうございます。
これからも当ブログをよろしくお願いしますね。

★彡 直様さん
うん、後悔はしていません。自身を持って育てた子ですもん。
不謹慎かもしれませんが、ここは笑顔でお別れです。
…あ、プロフの写真そのうち変更しますね。
何にしようかは 今検討中です。(優柔不断)

★彡 ヒゲさん
アベニーの人懐っこさは異常なくらいですからね。
お互いに良いコンビとして楽しめましたよ。
本音を言えば、犬&猫にたいに遊びたかったんですけどねぇ。
ピンセットで我慢してもらいました。

★彡 更紗さん
更紗さんトコの記事、拝見しました。(コメはまだだけど)
いつかこうなるのは分かるんですけど、いざとなると寂しいものですよね。
でも彼のおかげでアクアの楽しさと優しさを教わりました。
皆さんにも愛されたことが彼にとって一番の喜びかもしれませんね。

★彡 tuttybirdさん
世間から見れば たった1匹の小さなフグですが、
周りに与えた影響は大きいって改めて実感しました。
自分も他のサイトから刺激を受けたりしたんで、気持ちは分かりますが。
ぶぅは生まれ変わっても アベニーがいいなぁ。。。

★彡 tkatsuさん
早速ショップへ行ったら ちびっこが。
現在喪中ですが、非常に迷っております(汗)
でもいつか分かれはくるし。。。それは知っているんですけどねぇ。

★彡 tomoさん
同じアベニーでも、1匹づつ個性が違うんですよね。
模様もそうですが、性格が全然違うんです。
前に出てくる子、奥からこっそり様子を見ている子。
ぶぅは特に個性的だったんで。…デカかったし。

★彡 流金さん
ありがとうございます。
またあの性格のぶぅに会いたいですねぇ。
ここまでアベニーを飼っていると、ショップでの性格も分かってきました。
でも なかなか選ばせてくれないんですよねぇ。
また良い子に逢えるかな?

★彡 ネクロさん
可愛がっている子は特に悲しいもんですよね。
一番付き合いが長かっただけに衝撃でしたよ。
ウチのメスは…観察してみます!

★彡 みなとさん
自分より長く生きる生体なんて なかなかいませんもんねぇ。
鶴や亀なんて飼えないし。
でも、逆に長生きされても困るんでしょうね。
自分が死んでも死にきれないくらい心残りで。。。

★彡 kintaさん
…いや、虹の橋でボコボコにされることはないでしょう(汗)
環境を整えてあげて、ご飯もあげて、掃除して…。
人間のエゴかもしれませんけど、何とかしてあげたいっていう気持ちには変わりま
せんからね。
後ろは見ない。後悔はしない。オイラのポリシーです。

★彡 wakaさん
このことから辞められる方も多いでしょうが、逆に続けられる方も多いんでしょう
ね。
失敗…ではありませんが、次はもっと長生きしてもらうぞって思うし。
あ、オイラもまだバンブル欲しいけど 未だに見つかりません(困)

★彡 38brainさん
ニフティのサーバが消えようものなら、訴えそうです。
思い出を返せ!って。(無料で使わせてもらっていますが)
自然界のアベニーってどんなもんなんでしょうね?
外敵や環境悪化で もっと寿命が短いような気がしますよ。
それを考えれば幸せなのかなぁ?…デカルト君に相談しよ。

投稿: でむちん | 2007-04-13 17:27

どうも〜。。。
コメント遅くなりましたが
ぶぅちゃんを最初から知ってるので
なんかうちのコと兄弟のような気でいました。

星の王子様

いいね。
私のときもコレ使います(ボソ)

投稿: 兎夢 | 2007-04-15 02:27

★彡 兎夢さん
いやいや、レス速度は気にしておりません。
人のこと言えませんし(笑)
オイラもHooたんをお兄さんのように思ってましたよ。
んで、兎夢さん家から学んだ事もあったし。

星の王子様、お使いください。
今なら著作権無料です。
でも使うときって「あの時」ですもんね。
・・・使って欲しくないような。

投稿: でむちん | 2007-04-15 22:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32144/6028171

この記事へのトラックバック一覧です: 星の王子様:

« クリルが好きやねん | トップページ | 親分ってば・・・ »