« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006-12-31

良いお年を・・・

2006年も 今日でおしまい。

あと数時間もすれば 2007年がやってきます。

 

みなさんにとって 今年はどんな年だったのでしょうか?

個人的には・・・あまり良い年ではなかったという感じです。

仕事、家族の入院、プライベートの運気の無さ。

どれをとっても 微妙な一年でした。

 

ただ、そんな事とは無縁な水槽。

彼らの元気な姿を見るために オイラも生きているような気がします。

独身のオイラにとっては 唯一の扶養家族。

この子達のためにも まだまだ頑張らばければ!

 

では、2006年の「熱帯魚に泳がされ・・・」はここまで。

皆様 良いお年をお迎えくださいませ。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006-12-30

良きリーダー

いつも光の当たる所で わいわい遊んでいる無邪気なヤツ。

それは クラウンローチの「ぴえ~る」。

 

でも、たまーにナナの木陰から様子を伺っているような時もあります。

0612217  

 

 

 

 

 

 

 

そして 突然動き出したり。。。

0612218  

 

 

 

 

 

 

 

でもこの行動は ほんの前触れ。

今から起こる「楽しい光景」の予兆でしかないのです。

0612219  

 

 

 

 

 

 

 

クラウンローチのぴえ~るが動き出したのと同時に、

みんな列になって移動し始めました。

一斉に同じ方向へ向かって 仲良く泳いでいきます。

これが この水槽の「よくある光景」なんです。

06122110  

 

 

 

 

 

 

 

でも、これはオイラの勘違いのようでした。。。

 

実は「ぴえ~るがみんなを引き連れて」の写真。

これをよーく見てみると・・・。

06122111  

 

 

 

 

 

 

 

この集団のリーダーは「月光」だったとは!?

実際に2枚目の写真ですが、「月光が前にいるから ぴえ~るも出てきた」

・・・っていう風に見えませんか?

 

影の主導者 ベネズエラオレンジの月光。

 

コリ水槽の頂点に君臨する日も近い・・・のか?

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006-12-29

(号外)緊急ニュース

突然ですが 会社から更新です。

ま、そこまでするニュースでもないんですけどね。

でも 今の心境を伝えたかったので。。。

 

本日 朝5:30~7:30まで停電でした。

濾過やエアレーションは心配していません。

底砂&じっくり作り上げた水を信頼していますので。

 

でも問題は、北陸は大雪だということ。

室温は10℃を下回った状態です。

となると 水温はそれに近づいていく訳で・・・。

ヒーターは停止。部屋を暖めようにもストーブは使えない。

発砲スチロールがあれば保温できるのでしょうが、資材は無い。

毛布を掛けようと思ったのですが、迫る出勤時間。

もし勤務中に通電したら、照明の影響で火災が発生するかもしれません。

 

そこで寝ぼけた頭で考えたのが、キャンドルとアウトドアバーナー。

0612291_1  

 

 

 

 イワタニプリムスのバーナー

 

 

キャンドルは水槽の前に置き、バーナーは室温を上げるのに注力。

・・・結果、出社前(停電1時間30分経過)の水温は、

60cm水槽・・・20℃  30cmキューブ・・・18℃ という結果になりました。

まぁ、このアイテムで水温が維持できたとは思っていませんが。。。

 

しかし 大型水槽って良いですね。

水質の安定、保温力を考えると ピンチになったときの安心感が違います。

だけど、普段は大きな分だけ ヒーターやフィルターも大型なものが必要ですし、

立ち上がる(水温が安定する)までの時間も必要とします。

でも、それに見合った効果があるのも大型水槽の良さ。

初心者や忙しい方に指示されるのも納得なのです。

 

現在は家族からの連絡もあり、普通に通電しているとのこと。

今後発生するかもしれない白点病なんかが不安ですが。。。

 

やっぱ雪国にとっては ヒーターの存在って大きいですね。

そしてアクアは電気が無いと維持できないっていうのも痛感しました。

 

ちなみに北陸電力は、「明らかに停電が原因で起こった障害」

に関しては 「ある程度の保障をする」と電話で言ってくれました。

実際には請求するのを諦めると思いますが。。。(富山の県民性)

 

今後また発生するかもしれない 真冬の停電という事件。

・・・対策を練らなくては。

そして皆さんもお気をつけて。(・・・と言われてもねぇ)

 

続きを読む "(号外)緊急ニュース"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006-12-28

寝耳に・・・

正月休みに入り、やっと全ての事から開放されたという感じです。

年始の仕事始めは 今から非常に暗い気分にさせますが、

それまでじっくりアクアを楽しみたいですね。

(と言いながら 明日出社するのは確実になりましたが・・・涙)

 

普段できなかったお掃除やレイアウト変更。

考えればキリが無いとは思いますが、これもお魚のため。

そして自分の楽しみのため。

時間をかけて行っていきたいものです。

 

さて、正月休みに入ったのは 水槽内も同じ様子。

ご飯時間以外は ダラダラとした時間が流れていきます。

0612215  

 

 

 

 

 

 

 

・・・満月、なんちゅー無防備な姿だ。

 

そんな まったり中の満月に気づいたのは やっぱり親分。

隙を狙って 満月に近づいていきます。

0612216  

 

 

 

 

 

 

 

・・・楽しいか?(汗)

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006-12-26

砂を変えてみた

仕事も落ち着き、あとは年末を待つばかり。

・・・多分(汗)

ま、この時期は駆け込みの特需がありますからねぇ。

落ち着いてばかりもいられないのです。

でも、明らかに脳内は正月モード。

この年末年始、どのようにアクアで過ごそうか 考えております。

(とかいいながら大きな計画があるのですが・・・また今度)

 

その一環として、アベニー水槽の砂を変えてみました。

今まで使っていた「五色砂」が汚れたっていうのもありますが、

コリ水槽の砂を サラサラの砂にしようと思ったのです。

・・・となると 自然と余ってくるガーネットサンド。

このまま放置も勿体無いので、アベニー水槽に入れてみました。

 

すると一番動揺しているのは メインのこの方達。

06211a  

 

 

 

 

 

 

 

今まで見たことも無い砂の色。

でもこの色が好きなのか、あまり隠れなくなりました。

 

06211b  

 

 

 

 

 

 

 

・・・スマン、そこまで手が回らなかった。

その辺は 同居しているオトシンさんに食べてもらってね♪

 

と、甘えた考えでいると。。。

0612214  

 

 

 

 

 

 

 

・・・葉っぱのコケ喰えやコラ。

 

オトシンが好きなのは ガラス面の柔らかいコケ。

甘い考えな飼い主の 甘い教育が身に付いたオトシンさんなのでした。

 

| | コメント (61) | トラックバック (0)

2006-12-24

メリークリスマス♪

・・・と言いたいところですが。

0612213  

 

 

 

 

 

 

 

・・・いつから「ベタ」になったんだ?(汗)

 

一生懸命に泡巣を作る ベネズエラオレンジの「月光」なのでした。。。

こいつの生態は よく分からん(悩)

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006-12-22

赤いのなーに?

連れて来たはいいが なかなか表に姿を現さない子。

どこの水槽にも居ますよね?

で、ある日「アンタまだいたの!?」って驚いたり。

お魚にすれば「連れてきておいて そりゃないだろう」

・・・っていう迷惑な話ですが(汗)

 

ウチでもそんな子がいます。

一番は やっぱりクーリーローチですね。

クーリーオーナーさんなら この心境は分かるはず。

いつの間にか姿を消して、発見したときは「ウナギ」並に肥えていた。

一年に数回しかない「土用の丑の日」を思わせる出現率の低さは、

まるで某ゲームの「はぐれメタル」を連想させてくれます。

しかも「すばやさ」が結構高いときたもんだから、

益々「はぐれメタル」並みの格付けになってしまうのです。

 

で、今日はもう1匹の子の写真です。

それは「アジアクリスタルキャット」。

パッと見 オトシンちっくですが、ちゃーんとナマズなんですよね。

0612211  

 

 

 

 

 

 

 

久々の最前面出現に ドキドキを隠せない様子。

かなり”か弱い”ようですが、依然元気です。

 

この子が浮上するところを撮影していたのですが・・・。

0612212  

 

 

 

 

 

 

 

心臓までスケスケ!?

 

溺れたときは心臓マッサージが的確にできるボディ。

でも圧力の加減が難しそうなんで、その時は見守る方向で(汗)

 

つーか、溺れられても・・・ねぇ?

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006-12-20

アンタだれ?×2

期待の新人さん シミリスさん(仮名)をコリ水槽に投入しました。

・・・実はここまでに 長い道のりが。(と言っても2日だが)

 

ショップへ足を運んだのが土曜の夕方。

外はとても寒く、生体を輸送するには適していない季節。

強烈な暖房が苦手なオイラは 車の暖房を24度に設定。

お魚にしてみれば 結構ギリギリの車内気温だと思うのです。

そこで役立つのが発泡スチロールの箱。

夏に100円ショップで購入しておいたものを 常備していました。

 

ショップで「このシミリスください」と告げ、精算のためカウンターへ。

普段は店員さんとの話や他のグッズの物色をするのですが、

夜には予定があったので、すぐに帰りたかったのです。

 

そして車内の発砲スチロールに生体の入った袋を入れて帰宅。

ドキドキワクワク。 期待に満ちたひと時でした。

 

帰宅後 寒さ対策の新聞紙を取り、2重にされた袋を開ける。

次の予定までは もう時間が無い。

残念だけど今日は温度合わせがてら このまま浮かべておこう。

そう思い 袋を水槽にクリップで留めた瞬間!

・・・アンタ誰?

明らかに「シミリス」では無いコリさんが 袋の中でドタバタ。

・・・いや、ドタバタしたいのは オイラのほうですから(汗)

迫る時間。パニックの脳内と袋の中の知らないコリ。

・・・あの店員(新人)、間違えたな?(怒)

だけど今から返しに行く時間はないし、今日は徹夜。

明日にしよう!と思ったが このまま☆になっても困る。

一応エアレーションだけして その日は終わっていくのでした。

 

翌日 開店直後のショップに行き、事情を説明。

幸い間違えて連れて来たコリは元気だったし、店員もオイラを覚えていた。

その場で謝罪と生体の交換が始まるのでした。。。

 

・・・で、やっとお連れした 念願のシミリスさん。

0612128  

 

 

 

 

 

 

 

そうそう、これこそオイラの望んでいた姿です。

ゆるいカーブを描くノーズラインと色合い。

慣れていないせいか しばらくは動きませんでしたが、

時間が経つと 他のコリ同様にフガフガしていました。

よかった、よかった♪

 

・・・でもね、まだ終わりじゃないの。

ショップでは謝罪ついでに ”オマケさん”を入れてくれたんですが。。。

0612129  

 

 

 

 

 

 

 

・・・アンタ マジで誰?

 

店員さんは「グッピーの稚魚」とか言っていたような??

◆ 明るく見えますが、若干黒色です。

◆ 体長は1.5センチくらい。明らかに稚魚のレベル。

◆ お尻の部分に黒い模様があり。

 

皆さんの情報を激しく希望!

 

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2006-12-18

不安定

新人さんも増え、ちょっとドタバタしてきた コリ水槽。

そんなコリ水槽でも 温厚ぼーっとしてるお方。

そう、ブロキス親分です。

 

ご飯時の「豪快フガフガ」は未だ健在ですが、

それが済めば非常に大人しい ブロキス親分。

 

そんな落ち着きのある姿を 久々に撮影です。

0612121  

 

 

 

 

 

 

 

・・・あのぅ・・・お腹を支点に フラフラしてますが(汗)

 

外も寒くなり、北陸は海の幸が美味しい季節に。

親分が「活きのいい魚」に見えてきた 今日この頃(じゅる)

 

| | コメント (48) | トラックバック (0)

2006-12-16

期待の新人さん

白コリさんも知りたがる 期待の新人さん。

お待たせしました。 やっと公開です。

 

コリドラス・シミリス(ワイルド)

0612125  

 

 

 

 

 

 

 

紫色の体色から 別名「バイオレッド」とも呼ばれるコリですね。

過剰に期待していた皆様 すみません。

レアな種類でもなく、ごく普通のチョイスでした(笑)

 

でも、この子は昔から欲しかったんです。

しかも ワイルド種が!

せっかくの綺麗なボディ&体色ですもん。

ワイルド種で楽しみたかったのです。

 

0612126  

 

 

 

 

 

 

 

ショップからの長い距離を車に揺られ、初めて投入された水槽。

それなのに いきなりこの発色。

天然物ならではの 凄さを感じますねぇ。

 

そんなシミリスさん(仮名)が始めに見た光景。

0612127  

 

 

 

 

 

 

 

・・・ヤマトさん、傍若無人っぷり 全快です(汗)

 

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006-12-14

知りたいの♪

先日 軽く触れていた新人さんの告知。

(月光が がびーん ってなったヤツね)

本当に連れてきちゃいました♪

 

で、新人さんを 本日公開したかったんですが・・・。

白コリさんの姿がとても面白かったので、こんな光景を。

 

新人さんを迎えて 早速水合わせ。

いつものようにプラケースに入れて、鑑賞しながら水合わせです。

・・・すると 右下で訴えかける白コリさんが。

0612122  

 

 

 

 

 

 

 

何を言ってるんでしょ?

 

0612123  

 

 

 

 

 

 

 

あ、やっぱプラケースの中が気になるわけね?

ゴッセイちゃん以来の新人さん。

しかも この水槽に投入されるとなると、確実に君の仲間。

そりゃ気になるわなぁ。

 

・・・でも まだ何か教えませんよ (じらし)

 

0612124  

 

 

 

 

 

 

 

・・・そ、そんなに迫るな(汗)

 

でも、真相は また次回♪

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006-12-12

そうだ、長野へ行こう・・・2

安曇野観光を終えたオイラは松本市内へ。

となると ご存知名城・松本城を散策です。

0612067_1  

 

 

 

 

 

 

 

黒く光り輝く松本城。

名古屋、大坂、姫路に比べると規模は小さいのですが、

地方都市としては十分な大きさ。

当時の君主の偉大さを感じる事ができます。

 

城から撮影した紅葉。

針葉樹の緑と 広葉樹の赤。

まさに日本の景色。

この景色がパスポート無しで見られるんですから 幸せです。

0612068  

 

 

 

 

 

 

 

この後眠ったりお酒を飲んだりで、撮影できる状態では無く(笑)

蓼科で宿泊した後、2日目に突入です。

 

長野といえば「牛に連れられ・・・」で有名な善光寺。

会社のツアーで行ったので、現地ではガイドさんが待っていました。

0612069  

 

 

 

 

 

 

 

今回思ったのは・・・史跡やお寺ではガイドさん必須ですね。

話を聞きながら周ると、楽しさや雰囲気が全然違います。

この建物にはこんな意味があったのか?とか、

時間になったら案内してくれる 裏観光スポットまで。

本では分からない事がたっぷりでした。

 

小布施で立ち寄った「岩松院」

ここは 小林一茶の有名な俳句・・・

「痩せガエル 負けるな一茶 ここにあり」 発祥の地。

06120610  

 

 

 

 

 

 

 

左上に黒い看板と石碑があるでしょ?

ここで一茶は あの有名な句を詠んだんですね~。

 

そしてこのお寺を去るときに 見つけた説法。

06120611  

 

 

 

 

 

 

 

・・・まさに真理。 ちょっと泣きそうでした(笑)

 

とまぁ、なんか駆け足で紹介してきましたが、他にも名所は沢山。

田舎暮らしのオイラでも「良いなぁ」って思う長野。

「日本のふるさと」と言われるのに偽りなしと感じたのです。

 

 

さて、オマケを。

以前から新潟や長野へ行った時に気になっていた景色がありました。

それは富山空港。

富山県を横断する「北陸自動車道」からは 空港を見ることができるのです。

この空港は日本で唯一の 河川に建設された空港。

大きな川の河川敷がそのまま空港になっている・・・と考えてください。

・・・なんて無茶な設計でしょう?(笑)

最近は河川の氾濫こそありませんが、水位が上昇すると当然閉鎖。

故にボーディングブリッジ(待合室から飛行機までの橋)の長さは日本一です。

 

そんな富山空港の離着陸は 日本でも有数の難易度だとか。

なにしろ 滑走路の約400m先は高速道路の高架ですからね。

ヘタすると高速道路に衝突してしまいます。

しかし、だからこそ見える光景もあるわけです。

時間が合えば、高速道路の真上を通過する航空機が見えるんですねー。

航空ファンにはたまらないひと時では無いでしょうか?

 

・・・で、今回撮影したのは富山空港の夜景。

バスの中からISO感度を最高にし、なんとか撮影した写真を。

06120612  

 

 

 

 

 

 

 

・・・羽田なんかに比べると地味ですが、なんかキレイ。

06120613  

 

 

 

 

 

 

 

もし高速道路で富山市を通過するときは、山側もご覧ください。

・・・でも、運転手は見ちゃダメよ♪

 

| | コメント (45) | トラックバック (0)

2006-12-10

そうだ、長野へ行こう・・・1

大変遅いアップになってしまいました・・・。

先月25・26に行ってきた 長野旅行の写真を公開しましょう。

 

長野県・・・それはウチのある富山とはお隣さん。

とはいっても3000メートル級の北アルプスが間にありますので、

地図では隣でも 予想以上に遠い存在。

長野県内に入るには、新潟や岐阜を経由しなければいけません。

(立山からも行けるが、完全に観光用だし)

 

旅行初日は 見事なまでの秋晴れ。

紅葉の季節には遅いのですが、それでも綺麗な景色が堪能できました。

 

まず向かったのが ’97年の冬季オリンピックで有名な「白馬ジャンプ台」

0612062  

 

 

 

 

 

 

 

下から見上げる施設の巨大さには圧巻。

ちなみに左がノーマルヒル。右がラージヒル。

ジャンプ台への登頂も可能で、センターに見えるリフトで向かいます。

 

そしてラージヒルの頂上から下を覗くと・・・。

0612063  

 

 

 

 

 

 

 

・・・罰ゲーム?(汗)

これ、「飛ぶ」っていう感覚じゃないですね。

上から見る限り「落ちる」っていう感覚です。

ジャンプ台とは名ばかりで、正式には「落下台」じゃ無いか?と思うほど。

すげーな原田(感動)

 

時間はお昼時。食事で向かったのは安曇野の「大王わさび農園」。

観光意外にも 本格的にわさび栽培をしている巨大農園です。

0612064  

 

 

 

 

 

 

 

わさび農園を流れる綺麗で冷たい水。

伊豆同様に この綺麗な水があるからこそできる 美味しいわさび。

アクアリストであれば誰もが知る 綺麗な水の大切さ。

大自然が浄化した輝ける水が「普通にある」って良い事ですよね?

 

農園内には 住み着いた猫の姿も。

エサを持っていなかったので、撮影は不可。

・・・何気に 一流のモデルさんです(汗)

0612065  

 

 

 

 

 

 

 

でもそんな一流のモデルさんも しびれを切らしたようで・・・。

0612066  

 

 

 

 

 

 

 

売店前でおねだりする姿が見られました(笑)

売店のおばちゃんも慣れた様子で ご飯を与えていました。

・・・だから良い体格だったのね?

 

仕事に疲れた日常を忘れ、のんびりした旅行は続くのです。

 

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006-12-08

がびーん

コリ水槽を覗いていたら・・・。

200611292  

 

 

 

 

 

 

 

200611293  

 

 

 

 

 

 

 

200611294  

 

 

 

 

 

 

 

200611295  

 

 

 

 

 

 

 

・・・と言っているかは謎ですが(笑)

最近 白メダカさんの顔が可愛くって・・・。

で、こんな会話になっちゃった訳です。

(なんちって♪ を言わせたかっただけ)

 

・・・でも、ホントに新人さんが来るかもよ♪(期待)

 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006-12-06

トントンの表皮

先日お腹のゴージャスぶりを見せてくれたトントン。

・・・そうそう、トントンはおっさん男の子として育てています。

オバハンではありませんので、あしからず。。。

(ヒョウ柄=オバハンに見えただけ)

 

他にも普通のお魚とは違ったところが無いのかな?と探したところ・・・。

ありました!表皮に大きな違いが!!

 

いつものように ぼけーっと過ごすトントン。

200612031  

 

 

 

 

 

 

 

ズームイン!

 

200612032  

 

 

 

 

 

 

 

分かりますか?

じゃ、さらにズームイン!

 

200612033  

 

 

 

 

 

 

 

表皮に細かな穴が開いているんですよ。

ぱっと見たらツルツルに見えますが、こんなに無数の穴が。

このような表皮が全身を覆っているんです。

 

この穴にどんな意味があるんだろ?

知っている方は 是非ご一報を!

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006-12-04

ぶぅの友達

このブログでは既におなじみ アベニーの「ぶぅ」

同じアベニーが6匹いる このアベニー水槽。

それでも彼に付いていける仲間は少ないようで、

日々遊び相手を探しているようです。

 

今日もオトシンさんに近寄るぶぅ。

200612034  

 

 

 

 

 

 

 

明らかに乗り気ではないオトシンさん。

むしろ びびってます。

 

200612035  

 

 

 

 

 

 

 

・・・そりゃそうだろ。

攻撃されると思ったオトシンさん。

一目散に逃げちゃいました。

 

200612036  

 

 

 

 

 

 

 

と、他のオトシンさん(2匹)のところに向かう ぶぅ。

 

・・・噛まないようにすれば 遊んでくれるかもよ?

 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006-12-02

難波のオバハン

楽しいお食事タイムを終えて 何か言いたそうなトントン。

200611297  

 

 

 

 

 

 

 

と、言い残し 大きなバディをゆっくりと持ち上げるトントン。

 

200611298  

 

 

 

 

 

 

 

一体何を見せてくれるのだろうか?(期待)

 

200611299  

 

 

 

 

 

 

 

・・・むむむっ!

確かに トントンのお腹は見事なヒョウ柄!!

しかも 毛足の短いファーのようで、触り心地も良さげ。

よーくみると 細かな毛が生えているような感じなんです。

ウロコでもなく、ゼラチン質のような皮でもなく。

 

フグってツルツルの表皮だと思っていた方・・・残念でした。

この世界って 結構奥が深いようですよ?

 

しっかし「ヒョウ柄で関西弁」って・・・難波のオバハンみたいやなぁ?

そのうち「兄ちゃん、飴ちゃんあげる♪」って言われそうな予感(汗)

 

| | コメント (13) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »