« トントンの掘り掘り | トップページ | ごあいさつ »

2006-10-04

善あれば悪あり

突然ですが、手塚治虫作品が大好きです。

その中でも好きなのが「火の鳥」。

有名なので 説明は不要ですね?

 

その「火の鳥」の中で印象に残っているのが「太陽編」。

過去と未来、2つの時空を繋げる命、そして光と影がテーマです。

光を浴びて生きる人間、地下でしか生きられない人間。

権力の為の宗教。 それに反発する組織。

古来の神と外来の神。 生と死。

それらがうまく描かれていて、個人的に いい作品だと思います。

 

この世の中でも「明暗を分ける」という表現がありますが、

その分岐点は いつだって存在し、誰にでもあるものです。

いかに上手く見つけ、選択するか。

以前も同じような事をこのブログでも書きましたが・・・。

やはり自分に対するテーマなんでしょうね?

 

世の中は 光と影でできている。

プラスがあれば マイナスがある。

 

 

水槽の中でも それを見つける瞬間があります。

アベニー水槽に赤虫を投入した途端、数匹を奪うヤツ。

200609262  

 

 

 

 

 

 

 

善あれば 悪あり。

 

|

« トントンの掘り掘り | トップページ | ごあいさつ »

コメント

するとアベニーは善ということでしょうか?w
アベニーの中でもやたらと他人(?)がくわえたアカムシを奪おうとする輩とか、突き回したりする輩もいるので、善の中にも善と悪があるのでしょうか。
まぁ所詮、そういう価値観も人が線引きしているに過ぎず、善と悪は一体なのかもしれませんね。
あれ、少し真面目な意見を書くのが流行中?ww

投稿: 38brain | 2006-10-04 22:40

善悪、表裏一体かもですね。
白・黒ありますが、ホノグラムやグレーゾーンも 大事かも。

先日のCo.ゴッセイの質問ですが、♀ではないかな。多分・・・
上から見た体型と腹ヒレで 見分けます。
その写真があれば、大体のコリちゃんを 見分けられる方 多いと思いますよ。

投稿: puku | 2006-10-05 00:29

わはは、、、ワルそうなヤマトだぁ
うきゃきゃきゃって笑ってるし!!
いつでも、天敵となり得るアベニー
水槽でたくましく生きるヤマトに敬礼。
とことん悪をつきつめてくださいっ(笑

投稿: screwdriver-III | 2006-10-05 01:51

明と暗なら暗
光と影なら影
善と悪なら悪
天国と地獄なら地獄

そんなみなとが来ましたよぉー!(笑)

投稿: みなと | 2006-10-05 04:54

ヤマトは、ツマツマとコケ取りに励んで可愛いところもありますが・・・
魚が☆になった時の、食いつきようが激しいとこも、
おバカさんのコリがやっと探し当てたコリタブを一瞬にして奪い去るとこも、本当に悪ですよね~。
キレイなバラにトゲがあるように、みんなそうなんでしょうね。


投稿: 謎謎嫁 | 2006-10-05 21:42

★彡 38brainさん
そうですね。善と悪は一体であり、常に共存しているんですよね?
世界が善だけなら、悪という名前は存在しないと思うんです。
国民全員が政府の意見に賛成なら、
「反政府」という言葉は生まれませんしね。
アベニーも善と悪が見え隠れしますよねー?
・・・それが 悪女みたいで良かったり♪

★彡 pukuさん
あら、女の子ですか?
じゃ、可愛い名前を考えないと。
早速撮影しようと思いましたが、動きが早くて・・・。
一度捕獲が必要ですかねぇ?(笑)
・・・プラケの中で箱入り娘。

★彡 screwdriver-IIIさん
それでもお互いのテリトリーは守っているようですね。
どちらも攻撃は仕掛けません。
大きさでいうと、ヤマトの方が遥かに大きいので、
アベニーは負けちゃいますが。
でも、テリトリーといっても・・・。
赤虫を捕獲した時点で破られているような(汗)

★彡 みなとさん
いらっしゃーい♪・・・って悪はご遠慮ください(笑)
みなとさん、どこまで悪いんですか?(汗)
悪の塊じゃないですか。
と、とりあえず・・・お札でも貼っておきます。
でも悪だから それも破るんでしょうなぁ?

★彡 謎謎嫁さん
コリタブの奪い方は尋常じゃないですよね?
がっちりキープした上に、「ふははは!」って持ち逃げ。
「怪盗ルパン」顔負けですよね?
コリちゃん達、ホント可哀想。
味の付いた砂をフガフガしてるだけですもん。。。

投稿: でむちん | 2006-10-06 09:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32144/3593952

この記事へのトラックバック一覧です: 善あれば悪あり:

« トントンの掘り掘り | トップページ | ごあいさつ »