« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006-10-31

2006 ADA巡礼・・・2

昨日に引き続き ADAの巡礼日記です。

正直マトモな記事は 他のブログを検索された方がいいと思うので、

今回は 中日の落合監督よろしく 「オレ流」レポートでも(笑)

 

NAギャラリーを訪問された方ならご存知。

正面に設置されているメタルプレートですね。

アクアリストにとって感慨深いメッセージが書かれています。

06102906  

 

 

 

 

 

 

 

・・・でも、右端部がヘコんでるし。

 

勿論 海水水槽もあるわけですが・・・。

06102907  

 

 

 

 

 

 

 

・・・ごっつ 人見知り!

 

ADAといえば 完璧なまでの水槽。

見事にレイアウトされた全体像は見るものを圧倒します。

でも、よーく見てみると・・・。

06102909  

 

 

 

 

 

 

 

コケ&脱ぎたてのヤマトの殻が。

 

06102910  

 

 

 

 

 

 

 

ここにも コケた流木が。

 

06102911  

 

 

 

 

 

 

 

しまいには ヤマトをお食事中のヤマトまで!(汗)

 

06102912  

 

 

 

 

 

 

 

潜り込んでしまい、かろうじて外からの光で生きているヘアーグラス。

 

06102913  

 

 

 

 

 

 

 

水槽前には カラカラに乾燥しきったリシア。

 

 

そんな普段からは連想しないADAの光景(粗探し)を終え、

夜中通った国道を富山の自宅へと逆走するのでした。

(と、綺麗にまとめてみる)

 

06102914  

 

 

 

 

 

 

 

夕暮れの 新潟県・糸魚川市 (国道8号線 ※右は日本海)

 

時速60kmで走行中に撮影した風景・・・良い子はマネしちゃダメよ♪

 

続きを読む "2006 ADA巡礼・・・2"

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2006-10-30

2006 ADA巡礼・・・1

先日お伝えした通り、今年も新潟のADA・NAギャラリーに行ってきました。

”今年も”とは言っても、まだ2回目。

水草水槽に注力しているアクアリストの方に比べれば大変少ない回数です。

 

でも、場所が新潟だけに なかなか行く事が出来ない方もいらっしゃるでしょう。

アクア歴は長いけど、まだ行ったことがない という方もいるでしょうし。

正直、何かのついでに・・・とか、NAギャラリーの後は・・・というほど、

観光に向いている場所でも無いですしね。(なんか失礼な言い方だが)

 

実際、自分の家が日本海側の富山ではなく 太平洋側だったら、

きっと数年に一度っていうレベルでしか 行く機会が無かったと思いますし。

・・・ま、”隣の富山県から”とはいっても 結構遠いんですが(汗)

(計算上、東京都内から高速で行くのと変わらない)

 

さて、今回も去年同様に 夜中に家を出て国道を走ってきました。

2005レポ1  2005レポ2

理由はいくつかありますが、一番は「お金と時間の有効利用」ですね。

確かに高速道路なら1本で行けます。 時間の削減にもなる。

・・・でも、夜の国道って結構空いているんですよね。

そこそこの速度で走る事ができるんで、高速を使う意味が無いんです。

しかも この国道は高速道路と ほぼ並走。

回り道をするのならともかく 目的地の方向が同じですから、

高速に乗っても乗らなくても 意味が無いかなー?って。

あと、新潟ならではの雰囲気や景色も楽しめますしね。

 

という事で 今年も往復10時間の移動にチャレンジです。

まぁ、なぜか今年は時間の短縮に成功しましたが・・・(汗)

(法に触れるので詳細は語りません)

 

そういえば 過去の”あるブログ”を思い出しました。

「我が家の鬼嫁日誌」の謎謎夫妻が1ヶ月前に行かれてたんでしたね。

そのときと 何か変わっているのかな? ・・・楽しみです。

 

今年は去年と違い、秋晴れ。

しかも結構温かい日になりました。

エアコンなんて不要。窓を開ければ気持ちのいい風が入ってきます。

06102901  

 

 

 

 

 

 

 

去年と同じ いつもの社屋が迎えてくれました。

そして いつ見ても圧巻の玄関にある大型水槽。

06102902  

 

 

 

 

 

 

 

そして今年も・・・「わぁ~、宝石箱やぁ♪」(彦麻呂)

06102903  

 

 

 

 

 

 

 

聞いたところによると、先に行われたADA主催のパーティーの前に

毎年 ほとんどのレイアウトを変更するみたいですね。

それからおよそ2ヶ月後の水景。

水草の生長も進み、とてもいい時期だと思います。

 

当然、去年に比べて ほとんどが新作。

以前のままのレイアウトは 1~2個しか残っていないとか。

大型水槽まで完全にリセットしちゃう労力には ホント脱帽。

 

今回一番気に入った水槽がコチラ。

06102904  

 

 

 

 

 

 

 

06102905  

 

 

 

 

 

 

 

ミニ水槽なのですが、そう思えないほどの迫力。

そして まるで実在する山と森の風景を見ているような錯覚。

小さくても こんなに雄大な水景が作られるのかと、

ADAの真髄を感じる ひと時だったのであります。

 

・・・明日へ続く。

 

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006-10-29

デカさん×デカさん

最近改めて思う事が・・・。

クラウンローチのぴえ~るなんですが。。。

 

思いっきり成長しております(汗)

 

ま、こうなる事は判っていましたが、実際に見ると 驚きますね。

でも良いんです。 美味しくご飯を食べている証拠です。

(・・・と 考えなければやってられない)

 

そんなぴえ~る、ついにブロキス親分と同じ大きさに。

体長は7cmってトコでしょうか?

・・・ちなみに連れて来たとき

今日はそんなデカい2匹の ほのぼのした光景をお楽しみください。

20061022017  

 

 

 

 

 

 

 

着地に失敗して 親分の上に乗っかるぴえ~る。

 

20061022018  

 

 

 

 

 

 

 

一緒に上昇しちゃって、親分を邪魔するぴえ~る。

 

20061022019  

 

 

 

 

 

 

 

スネる親分を なだめるぴえ~る。

 

・・・それを見て 微笑む でむちん。

キモいので 画像は無しの方向で。

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006-10-28

恋の季節2

クラウンローチのぴえ~るが気になる ゴッセイちゃん。

今日もゆっくり後を追いかけています。

 

こんな姿が 大和撫子っぽいですよね?

(実際は異国の方ですが)

20061022023  

 

 

 

 

 

 

 

20061022024  

 

 

 

 

 

 

 

20061022025  

 

 

 

 

 

 

 

20061022026  

 

 

 

 

 

 

 

・・・なんか言いたいことが いっぱいありますが(汗)

周りは気にせず頑張れ♪

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006-10-27

曲芸さん

水草水槽を見ていたら・・・。

200610091  

 

 

 

 

 

 

 

・・・是非 忘年会の余興にどうぞ♪

 

 

続きを読む "曲芸さん"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006-10-26

恋の季節

先日コリ水槽にお連れした ゴッセイちゃん。

pukuさんが言うには どうやら女の子のようで・・・。

 

そんな彼女は あるお魚がお気に入り♪

200610241

 

 

 

 

 

 

 

 

クラウンローチの ぴえ~るです。

コイツが通ると なんか表情が変わるんですよ。

今まで はしゃいでいたのに おとなしくなるっていうか・・・。

女の子っぽさが出てくるんです。

 

20061022021  

 

 

 

 

 

 

 

そして動きが止まって・・・でもゆっくり近づいていって。

 

20061022022  

 

 

 

 

 

 

 

たまーに 見てるんですよねー。

 

彼女の恋の行方は・・・また後日♪

 

| | コメント (56) | トラックバック (0)

2006-10-25

コスモス

こんな小春日和の穏やかな日には・・・

という事で、先週末撮影した光景を公開してみようかと。

久しぶりにお魚とは離れますが、見てやってください。

 

ウチは田舎。

住所をご存知の方は 是非検索してみてください。

(ちなみに富山県の西部(かなり山側)です)

近くにはスキー場もありますし、先日は熊も出現しました(汗)

でも、それはそれで いいところ。

不便だけど いいところ。

 

そんな たっぷりの自然に囲まれた ウチの周りに咲くコスモスです。

20061022001  

 

 

 

 

 

 

 

20061022002  

 

 

 

 

 

 

 

20061022003  

 

 

 

 

 

 

 

20061022004  

 

 

 

 

 

 

 

20061022005  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20061022007  

 

 

 

 

 

 

 

全て タムロンのマクロレンズ(SP Di 90mm)で撮影しました。

ネット上では「伝説のマクロレンズ」と呼ばれるほどの綺麗なボケ。

・・・素人でも良い質感だと感じるのでした。

 

| | コメント (56) | トラックバック (0)

2006-10-24

トントン潜る!

た、大変です!

ついに成功しちゃいました!!

 

それはテトラオドン・スバッティ 「トントン」の砂に潜るシーンです。

 

過去に何度かコメントで、「潜る所を見てみたい!」との意見を頂きました。

でも、トントンが潜るのは1日1回程度。

しかも、潜るタイミングなんて彼の気分次第ですし、

動画だってデジカメの動画機能程度(最大2分30秒)

運がよければ撮影できる・・・程度にしか思っていなかったのです。

 

でも、トントンの観察をしていくうちに タイミングが判ってきたんですよ。

そして先日、何度かの失敗を経験した後 撮影する事が出来ました。

24時間のうち たった2秒程度。

その短い時間を映像に記録する事が出来た喜び。

この興奮を おすそ分けです。

 

ショップでも水族館でも なかなか見られないと思いますので、

この動画で じっくりお楽しみくださいませ。

 

・・・動画

 

決定的な潜伏の瞬間。

底砂の形状が変わる瞬間でもあります(汗)

 

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2006-10-23

拡大してみると・・・

最近のカメラの画質には 目を見張りますね。

オイラが使っている キスデジN(800万画素)にも新型が。

キスデジX(1000万画素)なんて出ちゃいましたね。

 

この先もどんどん画素数が増えていくんでしょうね?

モニターのドットも細かくなり、印刷技術も高度になっていく。

この2つに限界が見えてくるまで、カメラの画素数も追いかけていくのでしょう。

「表示できない高画質」ほど無駄なものは無いわけですから。

 

だけど、技術の進化は まるでリシアの枝分かれのよう。

1点を見つめて進んでいくわけでは無いと実感しました。

インテルのCPUにも「Core2Duo」なんていうプロセッサまで出ましたよね。

クロックアップに陰りが見えてきたとしても、別の道で進化していくわけです。

あまりにも凄い世界過ぎて、ユーザーとして着いていくのがやっとですが・・・。

 

さて、カメラの高画素数は綺麗に撮影できるほかにも利点が。

それはアップにした状態。

200610167  

 

 

 

 

 

なんとなく撮影したコリ水槽ですが・・・。

 

200610168  

 

 

 

 

 

 

 

遠くから思いっきりアピールしている 白コリさんと月光なのでした。

 

| | コメント (58) | トラックバック (0)

2006-10-22

白メダカさん

底モノ水槽のリセット時・・・

水質環境整備部隊(パイロットフィッシュ)として投入した白メダカさん。

コリ達が完全に引越しした今でも 同居しております。

 

ホントはコリの投入と同時に 別居の予定でした。

そのために冬の常温でも生活できそうな彼らを連れて来たわけですしね。

でも、優雅な泳ぎっぷり。

そして、雪のように真っ白な身体と 愛嬌のある顔。

・・・この風貌に負けてしまったわけです。

200610165  

 

 

 

 

 

 

 

早速アピールする 白メダカさん。

 

200610166  

 

 

 

 

 

 

 

そのお腹では いくら仲間でも同意は不可能(汗)

 

| | コメント (56) | トラックバック (0)

2006-10-21

ワイルド ラミーノーズ

先日 水草水槽にお連れしたテトラの皆さん。

始めはラスボラやボララスなどの コイ系で統一しようか?と迷いましたが、

スマートなボディに憧れ テトラに決定(笑)

発色も綺麗で 飼いやすさもあり、即決でした。

 

そんなテトラの中で一番好きなのが ラミーノーズテトラ。

白銀のボディに ボーダーの尾びれ。

赤い顔がCoolでお馴染みな あの子です。

 

今回連れてきた事により、2種類のラミーノーズとなりました。

今までの「ノーマル(ブリード?)」と、今回初めて購入した「ワイルド」。

ワイルドは赤が凄く出るって聞いていたため、今後の発色が楽しみですね。

 

では早速 今までのノーマル固体を撮影。

200610163  

 

 

 

 

 

 

 

新人さんを投入したため 落ち着いていないせいか、まだ未熟な発色。

お腹の膨らみが「ベテランさん」を感じさせます(笑)

 

そして 投入したばかりの ワイルド固体。

200610164  

 

 

 

 

 

 

 

・・・オマエの「ワイルド」は偽りか?

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006-10-20

オーロにオロオロ

今度こそココログの復旧が完了したみたいですね。

皆さんから頂いたコメントに返信をしようと思っていたのですが、

復旧が終わったとの連絡が来ても 書き込みさえできない状態。

(みなさんも同じ状態だったと思いますが)

そして記事の作成をしようと思っても、それさえできない状態。

 

これには焦りましたね。

だって、記事の書き溜めは昨日の分まででしたから・・・。

今日の記事が未完成のまま公開・・・っていう最悪の状況も考えましたよ。

(写真だけ貼り付けてあったので)

ともかく復旧してくれて良かった良かった♪

これで普段のように安心して更新ができますね。

 

さて、昨日お連れした新人さん。

いつものようにプラケで水合わせをしていました。

 

すると気になる目線が・・・。

2006101617  

 

 

 

 

 

 

 

目の青い縁取りが綺麗な テトラ・オーロちゃん。

2006101618  

 

 

 

 

 

 

 

・・・オーロの視線にオロオロ。

 

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006-10-19

ここでも新人さん

気温も低くなってきたところで、水草水槽に念願の新人さん投入です。

ホントは夏に迎えたかったのですが、今年も気温が高かった。

すぐに☆になって貰っても困るので、今の季節に投入しました。

この水槽に慣れてくれれば、来年の夏までに基礎体力がつきますからね。

 

今回お連れしたのは この方たち。

2006101613  

 

 

 

 

 

 

 

ラミーノーズ(ワイルド種)

2006101614  

 

 

 

 

 

 

 

ファイヤーテトラ

2006101615  

 

 

 

 

 

 

 

テトラオーロ

2006101616  

 

 

 

 

 

 

 

比較的お安いお魚ばかりですが、美しさは値段じゃないんですよね?

ショップでは地味なお魚でも、飼い込んでいくうちにキレイに発色したり。

特にラミーノーズは その楽しさがあると思うんです。

 

基本的に赤いお魚が好きなオイラ。

発色が楽しみなのです♪

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006-10-18

隠れ家?

昨日の夕方からココログのメンテナンスがありました。

期間は10/17~19となっていたので、事前に記事を書き溜めていたのです。

ということで、コメントの書き込みは諦めていました。

ところが記事のアップもされていなかったとは!?

このままでは毎日更新が途絶えてしまう!

・・・非常に危機感を感じましたね。。。

既に復旧したようなので 昨日の記事もアップされています。

昨日の分もお楽しみください。

 

さて、昨日お伝えした ガラスのショットグラス。

早速使ってくれている方が・・・。

この小ぶりなボディは ベネオレの「月光」ですね?

200610169  

 

 

 

 

 

 

 

はい、見つけちゃった!

 

2006101610  

 

 

 

 

 

 

 

透明な隠れ家・・・。

果たしてこれは 隠れ家と言えるのか?(悩)

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006-10-17

こんな新人

リセットしたコリ水槽。

60cmの大容量水槽は水の安定感もバツグン。

以前に比べてコケの発生も少なく、管理がラクチンです。

 

ただ、流木が多いせいか アクが出てきまして・・・。

天然のブラックウォーターを 見事に演出しています。

でも思ったより酸性に傾いていないので、外観だけの問題ですが。

 

さて、そんなコリ水槽に新アイテムの投入です。

以前からお伝えしたとおり、新人さんも投入されました。

・・・となると、隠れ家 兼 遊び場がほしいところ。

200610161  

 

 

 

 

 

 

 

おなじみのドルフィン+ガラスのショットグラスです。

あと、ガラスのお友達も投入しました。

ハリボンとクジラです。

 

200610162  

 

 

 

 

 

 

 

気になる存在のようで、近くには寄ってみるけど触らない親分。

そして それを遠くから見ているぴえ~る。

本日 無機質なヤツらが仲間入り♪

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006-10-16

衝撃の真実

久しぶりに 驚いた事があります。

それは テトラオドン・スバッティのトントンについて。

以前 パンパンに膨らんだ時も驚きましたが、所詮フグ。

「ま、フグだもん。こんなもんだろう・・・」程度に思っていました。

 

しかし、今回は予想さえしていなかった 衝撃の画像です。

分かりやすいように アニメGIFにしてみました。

200610095  

 

 

 

 

 

 

 

分かりますか?トントンの「瞬き(?)」です。

 

熱帯魚って目を守るために 保護レンズのような眼球になっていますよね?

このドーム状の眼球のお陰で ゴミから目が守られています。

 

それは トントンも同じだと思っていました。

でも ちゃんと「まぶた」があったとは・・・!?

このまぶたのお陰で 安全に砂の中でも生活できているんですね?

環境に適したように進化する身体。

改めて熱帯魚の奥深さについて 考えるひと時でありました。

 

しっかし、この「おばあちゃんの口」状のまぶたって・・・。

シワシワで かっちょ悪いかも(汗)

 

| | コメント (52) | トラックバック (0)

2006-10-15

ぽかぽか

日々寒くなってきた 秋のひと時。

みなさん風邪などの疾病に気をつけてくださいね。

 

北陸・富山も寒くなってきました。

風呂上りはパンツ一丁で出歩く事は不可能ですし、

寝るときも毛布が必須になってきましたね。

 

夜中に部屋を見ると、色んな電化製品のLEDが光っている中に

ヒーターの稼動ランプが点灯しているほど。

比較的温かい部屋ですが、25度設定でも厳しい季節になってきました。

 

そのヒーターで、くつろぐ方が・・・。

200609263  

 

 

 

 

 

 

 

オトシンさん、火傷しないでね♪

 

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006-10-14

臆病さん

ある日 ショップで視線を感じ、水槽を見てみる。

そして発した言葉・・・「そうだ、連れて帰ろう」 (懐かしいJRのCM風)

・・・で、連れてきちゃいました(笑)

 

アジア クリスタルキャット (底モノ水槽に入れた)

2006092613  

 

 

 

 

 

 

 

他にも呼び名があるそうですが、これが一番気に入っています。

ベースはグラスキャットみたいに半透明ですが、

黒のラインが入り、調子が良いと黄色が出てくるようですね。

 

体型はオトシンクルスと 非常に似ています。

サイズも殆ど同じくらい。

でもナマズの仲間。 ちゃんと立派なヒゲが生えています。

2006092614  

 

 

 

 

 

 

 

プラケースに入れて見れてみると 前に出てくる感じですが、

実はすっごく臆病。 しかもハンパじゃないくらい。

水槽に投入後、あっという間に姿を消しました(汗)

 

といっても 流木の木陰で泳いでいるんですけどね。

ホバリングはするけど、1ミリも動かないって感じです。

 

完全に夜行性の アジアクリスタルキャット。

次見られるのはリセットした時だろうなぁ?

 

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006-10-13

新トントン水槽

最近恒例の動画シリーズです。

・・・飽きてきました?

でも、これが手持ちの最後なので見てください。

 

今回はぐっと最近の話題。 新トントン水槽です。

西部劇の荒野ちっくになった 新トントン水槽。

動画でなければ分からない姿を見ていただきたく思います。

・・・動画

 

砂からコポコポ出てくる泡・・・

じゃぐじー好きのトントンにとっては 残念かと思いますが、

見た目にも 凄く落ち着いたと思っています。

必要最低限の酸素供給もできていると思いますしね。

 

できれば「湧水」によって砂を平らにしたいのですが・・・。

嫌がるかなぁ?

 

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2006-10-12

そのころ水草水槽は

最近 コリ水槽&トントン水槽に注力しすぎてしまいました。

という事で、コチラは自由奔放な水草水槽。

あ、放置じゃないですよ! あくまで「自由奔放」です。

水草本来の力を試したくて、そのままにしてあるんです!

(世間では それを放置と呼んでいるみたいですが)

 

では、現在の状況をご覧ください。

200609266  

 

 

 

 

 

 

 

  

・・・自由奔放すぎるよぅ(落胆)

 

背面のパールグラスは、空間のできた中層から、

ここぞとばかりに 勢いを増してきました。

このため 上部の発育はいいのですが、下部はヒョロヒョロ。

 

あと、インディアンクラッスラ(右背面)は ウチの水質&底砂に合わない様子。

ソイルなら十分に育っていたでしょうが、辛うじて 生きているという感じです。

 

でも グロッソは予想通りの生長ぶり。

二酸化炭素は少なめなので 若干葉が長細いですが、勢いがあります。

 

さて問題の石組ですが・・・

え?石の色が初めと違うって? ・・・ええ、緑龍石ですから(汗)

青龍石が熟すと、緑龍石になるんです(自称:出世石)

まるでコケが生えたように 綺麗な緑色。

自然のパワー満開って感じですね?(笑)

 

・・・でも このほうが水草の緑にマッチしてるでしょ?(言い訳)

 

しかーし、やっぱり綺麗にしたい。

という事で石のコケをブラシで洗い、少し位置を変えてみました。

水草もトリミング。背面はパールグラスのみです。

200610092  

 

 

 

 

 

 

 

 

200610093  

 

 

 

 

 

 

 

 

200610094_1  

 

 

 

 

 

 

 

やっぱ ウチにはパールグラスが似合うのかなー?って思ったり。

増やしたり減らしたりする事無く、当分このままで行きたいと思います。

マメな換水とトリミングで この光景がどのように変わるのか?

 

とりあえず、「緑龍石」だけは避ける方向で(汗)

 

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006-10-11

流木の下で

先日 旧コリ水槽で撮影した ほのぼのする光景。

白コリさんが 寝ている「ぴえ~る」にヒレたっちする・・・アレです。

流木の下で身を寄せるコリ達。

仲間意識が強いせいか、みんな同じ方向を向いて まったり。

 

実はその写真撮影中、動画も録画していました。

(時間的には動画のほうが先ですが)

・・・動画

 

バタバタと何か言いたそうな 親分。

微動だにしない ステルバイ君。

横から入ってくる ベネオレの満月。

後ろでペタペタ 並オトシンさん。

起きたと思ったら また寝だす ぴえ~る。

・・・見所いっぱいですねぇ。

 

是非 何度もお楽しみください。(多分1度じゃ全部見られないので)

 

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2006-10-10

じゃぐじー

本日も 昨日に続き動画の日です。

昨日は トントンの食事風景をご覧いただきましたが、

今回は 旧トントン水槽での泡浴びの風景を見ていただきたく思います。

 

トントンは大好きだったようで、砂の上に居ない時は 常にココ。

ぼけーっとした顔で お腹に泡を浴びていたのです。

 

・・・動画

 

気持ちよさが伝わってきましたか?

さあ、みんなで レッツ・じゃぐじー♪

 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006-10-09

トントンの食事

1周年記念やら、水槽のリセットやらでバタバタしていました。

その為に、眠っていた動画ファイルもいくつかあります。

しかも全て 結構前のもの(汗)

 

これらのファイルを どのタイミングで出そうか考えましたが・・・。

後になるだけ不利(?)なので 今のうちに公開しちゃう事に決定。

1周年早々 いい加減な更新となってしまいましたね(笑)

 

さて、本日公開する動画は トントンの食事風景。

リセット前の60cm水槽の頃です。

しかも、小さなクリルを与えていた頃。

でも スバッティの食事風景は 結構珍しいと思うので、

是非ともご覧くださいませ。。。

・・・動画

 

ちなみに 今でもピンセットから与えています。

トントンが吸い付く瞬間、ピンセットの力を抜く・・・。

このタイミングが非常に難しいんですよねー。

遅いとピンセットを噛んでしまうし、タイミングが早いとクリルは浮く。

トントンは 浮いたクリルには興味がなくなるという困った性格(泣)

・・・熟練の技ってヤツですね(笑)

 

クリルを投入した途端、今まで忘れていた泳ぎを思い出したみたい(笑)

普段は砂の中に潜っているトントン。

全身の光景を見られるのは この時だけという・・・悲しい事実。

 

続きを読む "トントンの食事"

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2006-10-08

はなぢ?

アベニー水槽に赤虫を投入して しばらく見てみる。

赤虫をちゅるんって吸い込む姿は たまらなく可愛いですね。

でも・・・吸い込む姿って 瞬間的に見ると。

2006092616  

 

 

 

 

 

 

 

なんか 興奮しているみたい・・・(笑)

 

| | コメント (26) | トラックバック (0)

2006-10-07

なかま

先輩への挨拶もできないまま 孤独にすごしたゴッセイちゃん(仮名)。

とても 寂しい日々だったでしょう。

 

でもその辺は ウチのコリ水槽。

飼い主のしつけが良いせいか、知らないうちに仲良くなっていました。

 

挨拶の写真が撮れなかったのは残念だけど、

この姿を見れば 嬉しいものです。

200610041  

 

 

 

 

 

 

 

みんな よろぴこ♪

 

| | コメント (59) | トラックバック (0)

2006-10-06

いっぱい食べるのだ

アベニーを飼っていて 幸せなひと時。

気付かないうちに自分を見てくれてる っていう瞬間も好きですが、

やっぱ 食事の時間ですよね~?

他の魚がフレークを一瞬でパクッと食べるのとは違い、

体長の半分もあるエサを じっくり観察してから食べる。

その警戒している顔や、狙っている顔がたまらないのです。

 

時には沢山の中から 選んでみたり・・・。(ぶぅ)

2006092615  

 

 

 

 

 

 

 

食べこぼしたエサに 再度アタックしてみたり・・・。(またぶぅ)

2006092617  

 

 

 

 

 

 

 

じーっと 狙いを定めたり・・・(更にぶぅ)

2006092618  

 

 

 

 

 

 

 

さらに 狙いを定めたり・・・?

2006092619  

 

 

 

 

 

 

 

・・・ぶぅ、なんちゅー お腹なんだ!?

でも、まだ食べるのね??(汗)

 

※決して2匹が重なっているわけではございません。

 

| | コメント (14) | トラックバック (1)

2006-10-05

ごあいさつ

水槽の雰囲気にも慣れてきた ゴッセイちゃん(仮名)。

となると、今度は新人さん恒例(?)の挨拶です。

 

大きなヤツから元気なヤツ、長いヤツまで 色んな種類の揃った水槽。

みんなに顔を覚えてもらわないと、安心してご飯も食べられないもんね!

 

早速やってきたのが、この水槽を牛耳る でっかい先輩2匹の前。

・・・うんうん、正しい選択だ。

この2匹に気に入ってもらえれば 当分安泰だね。

(何かあったら 上に乗って守ってもらえるし?)

2006092610  

 

 

 

 

 

 

 

2006092611  

 

 

 

 

 

 

 

・・・でっかい先輩達、挨拶してるんで聞いてあげてくださいよぉ(汗)

 

ゴッセイちゃんの挨拶は 次回に延期♪

 

| | コメント (56) | トラックバック (0)

2006-10-04

善あれば悪あり

突然ですが、手塚治虫作品が大好きです。

その中でも好きなのが「火の鳥」。

有名なので 説明は不要ですね?

 

その「火の鳥」の中で印象に残っているのが「太陽編」。

過去と未来、2つの時空を繋げる命、そして光と影がテーマです。

光を浴びて生きる人間、地下でしか生きられない人間。

権力の為の宗教。 それに反発する組織。

古来の神と外来の神。 生と死。

それらがうまく描かれていて、個人的に いい作品だと思います。

 

この世の中でも「明暗を分ける」という表現がありますが、

その分岐点は いつだって存在し、誰にでもあるものです。

いかに上手く見つけ、選択するか。

以前も同じような事をこのブログでも書きましたが・・・。

やはり自分に対するテーマなんでしょうね?

 

世の中は 光と影でできている。

プラスがあれば マイナスがある。

 

 

水槽の中でも それを見つける瞬間があります。

アベニー水槽に赤虫を投入した途端、数匹を奪うヤツ。

200609262  

 

 

 

 

 

 

 

善あれば 悪あり。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006-10-03

トントンの掘り掘り

先日 テトラオドン・スバッティのトントン水槽をリセット。

コリ水槽とは違い、フィルターをそのまま持ってきたので水質は上々。

濁りも無く 非常に綺麗な水槽になっています。

 

ま、お隣(コリ水槽)は気になるようですが、

以前みたいに頻繁に膨れる事もなくなりました。

200609264  

 

 

 

 

 

 

 

そんなトントン水槽の現在の写真を・・・。

200609265  

 

 

 

 

 

・・・山がっ! 中央に砂山がっ!!(驚)

 

中型魚の水かきって 凄い水圧なのね・・・(落胆)

 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006-10-02

お初です

昨日 クイズとしてお伝えした 新人さんの紹介。

本日は その正解発表です。

200610011  

 

 

 

 

 

 

 

(昨日の写真では 流木の下・ド真ん中にいました)

 

200609267  

 

 

 

 

 

 

 

コリドラス・ゴッセイ

 

コメントを見て驚きましたよ・・・。

あんな写真で当てる コリ使いの皆さんには脱帽(つーか感動)

やっぱポイントは ヒレの色&模様なんでしょうか?

だけど、まだまだちびっこなので、発色は未熟ですね。

 

全体的に緑のラメ&オレンジで、ヒレもステルバイのように綺麗。

尾びれはシマシマで、背びれはピンと立っています。

水あわせを完了しても、まだ寝ぼけている感じ。

200609268  

 

 

 

 

 

 

 

まだ水槽に馴染んでいないせいか、発色は微妙。

でも、このピンと立ったヒレは かなりの存在感。

200609269  

 

 

 

 

 

 

 

シャープなスタイル、そして綺麗なヒゲ。

 

ウチの水槽ではゴッセイ特有のレンガ色というより 緑っぽいような?

でもこれは 固体というより、照明のせいですかね?

 

このポージングは 未来の親分を思わせます♪

いよっ! 2代目!!

 

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2006-10-01

コリ水槽の砂入れ

コリ水槽に生体を入れて一週間後。

コリ達も環境に慣れてきたみたいですね。

もう普通に ご飯を食べるし、みんな仲良く遊んでいます。

そして念願の(?)亜硝酸も検出されてきました。

 

そこで いよいよ底砂の投入です。

このまま維持していけば 亜硝酸が増えていくだけ。

亜硝酸が硝酸に変わるのに 最低でも半月は必要。

生体に危機を与え、コケも増殖。水は濁ったまま。

それを 使い慣らした底砂パワーで一気に減らしたいのです。

 

水が白く濁っているのが分かるでしょうか?

蛍光灯の光が水中で乱反射していますよね?

オイラは これを生物濾過スタートのサインと見ています。

この白濁がクリアになった時、やっとフィルターが立ち上がった・・・と。

(あくまでも立ち上げできただけ。 濾過の完成はずっと先)

リセット 15日目

pH=7.2   GH=2.0   亜硝酸=0.5

200609261  

 

 

 

 

念のため 流木に活着させてある水草の説明も・・・(左から)

ミクロソリウム・ウィンディロヴ 南米ウィローモス アヌビアス・ナナ

 

前回とレイアウトで変更があったところは、センターの流木ですね。

以前は立てていたんですが、隠れ家を増やす意味で寝かせてみました。

大きな天然(?)のトンネルが完成です。

 

今回 砂を入れてみて思った事は、コリの行動範囲が広くなった事。

特に 比較的臆病なステルバイが 前に出てくるようになりました。

今までは 何かの陰から陰へ素早く移動するだけだったんで・・・。

やっぱり、底砂って 生体を安心させるんですね?

 

さて、ここでクイズです。

今まで紹介していない お魚が1匹写っています。

・・・さて、どこの子でしょうか?(種類まで分かれば コリ通)

 

正解は 明日の記事で♪ (最近こんなのばっか) 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »