« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006-07-31

久しぶりデス!

底モノ水槽の メゾン・ド・ドルフィン。

 

クラウンローチの「ぴえーる」が寝てくれたのは嬉しかったのですが、

今では この方もお気に入りの様子。

2006072812  

 

 

 

 

 

 

 

2006072813  

 

 

 

 

 

 

 

2006072814  

 

 

 

 

 

 

 

2006072815  

 

 

 

 

 

 

 

でかっ!&太っ! (驚愕)

新幹線でいえば、「MAXクーリー」って感じですね(2階建て)

 

このまま元気にお外で遊んでくれればいいのですが・・・。

夜行性にはムリかな?

 

| | コメント (24) | トラックバック (1)

2006-07-30

だってフグだもの

フグといえば 何を連想しますか?

クリクリ&キョロキョロとした 可愛い目?

ご飯になったら 飼い主めがけて泳いでくる姿?

ヒレをパタパタ動かす仕草?

・・・確かにそうですね。

この姿を見たくて飼っているという方も多いでしょう。

 

でも 忘れていませんか?

・・・フグは膨れるということを。

 

ちなみにアベニーなどの小型のフグの場合、「膨れ=恐怖」だそうで。

自分の内臓を守るために 表皮を膨らます防衛手段なんですって。

ですから 小型のフグが膨れることは、あまり良いことではないんですね。

 

でも、中型~大型の場合 その行動は「威嚇」となります。

姿を大きく見せて、相手を威圧する方法なんですね。

 

なんでこんな事を書いたのかというと・・・。

スバッティさん(やはり仮名)の ある日。

2006072412  

 

 

 

 

 

 

 

うひゃ~ 膨れてるし(汗)

 

2006072413  

 

 

 

 

 

 

 

・・・まるで 小さい子が描くフグの姿そのものですね。

 

しかし、誰に対して威嚇してんの??

2006072414  

 

 

 

 

 

 

 

どうやら 隣のコリ達を威嚇しているようですね?

・・・チビ相手に興奮すんなって(汗)

 

ちなみに視界を遮った途端、元の大きさに戻りました。

・・・フグの生態、凄く面白いかも!!(ワクワク)

 

続きを読む "だってフグだもの"

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2006-07-29

水草水槽 現状報告(不定期)

たま~に お魚紹介やネタの合間にやっている 水草水槽の紹介。

「水草も見たい!」っていうマニアの方もいらっしゃるでしょうから、

時々公開することにしますね。。。(汗)

 

さて、ウチの30cmキューブ水草水槽ですが・・・。

すっきり前面を空けたあと、グロッソスティグマを植栽したのが5月末。

200607283_1  

 

 

 

 

 

 5月25日

 

その後 コケが発生することも無く、

60wの光量と二酸化炭素のお陰で すくすくと育ってきました。

200607284  

 

 

 

 

 

 6月27日

 

今では 前面のガラスに行き場をなくしたグロッソが密集する始末。

ちゃんとトリミングしておけば、綺麗に育ったんでしょうが(汗)

200607285  

 

 

 

 

 

 現在

 

そして、グロッソの隣に植栽したコブラグラス。

200607286  

 

 

 

 

 

 5月25日

 

スカスカだった根元も 密集するまでに生長しています。

200607287  

 

 

 

 

 

 現在

 

あと、先日ブログでも書いた 沈水リシア

前回の写真と比べれば一目瞭然。 確実に「増量」しております。

育つのは嬉しいのですが、”最前面で”というのが結構邪魔(汗)

200607288  

 

 

 

 

 

 現在

 

こちらは 流木に巻きつけたリシアですが、

トリミングの効果もあり この大きさをキープ。

それでもちゃんと気泡を付けてくれています。

200607289  

 

 

 

 

 

 現在

 

では、ここで全景を・・・。

2006072810  

 

 

 

 

 

 現在

 

タンクデータ

水槽 : エーハイム 30×30×25 グラスキューブ

濾過 : テトラ EXフィルター60

      (付属の活性炭を エーハイサブストラットプロに変更)

底砂 : ガーネットサンド

照明 : 自作蛍光灯 20w×3灯  ※10:30~20:30点灯

      (東芝プラントルクス、東芝フィッシュルクス、NECビタミンday)

Co2 : 小型ボンベ セラミックストーンで添加 (5秒で1滴程度)

水草 : キューピーアマゾン、Ech.テネルス、パールグラス、

      ブリクサショートリーフ、グロッソスティグマ、コブラグラス、

      リシア、南米モス

肥料 : テトラ・イニシャルスティック、aquamindlaboratory・炭酸カリウム溶液

備考 : 夜間エアレーション、昼間空冷(28℃)、毎週25%換水

 

さて、前の写真で 生体に気付かれましたでしょうか?

飛び出し事故にて亡くなった ラミーノーズですが、

やはり寂しかったので 2匹お連れしました。

2006072811  

 

 

 

 

 

 

 

まだ水槽に慣れていないせいか、赤の割合は少なめですね。

過去 ラミーノーズ達の調子が良かっただけに、

今回も真っ赤になることを期待しましょうか?

 

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2006-07-28

好きやっちゅーねん

ウチのエアレーションは 全て「いぶきエアストーン」です。

昔はその辺で売っているエアストーンを使用していましたが、

興味本位で注文してからは もう”虜”なんですよ。

 

「いぶき」最大の特徴は 細かな気泡。

エビ使いの名手、えびろーさんも記事にされていましたね。

この泡が水流に乗ると、水槽内が白濁したように気泡だらけになるんですよ。

それほど細かい気泡。 実感されている方も多いのではないでしょうか?

でも、メンテナンスを怠ると 普通の泡の大きさになるんですよねー。

これも 実感されている方が多いはず!(笑)

 

飼い主にとっては 細かな気泡って見ていて楽しいですよね。

この時期は効率よく酸素の供給(溶解)ができますし。

それを考えて、「いぶき」を使われる方も多いのではないでしょうか?

値段は少々お高いですが、十分な効果がありますよ。

未使用の方は 是非使ってみてください。

※営利目的では無いので、このブログを読んで購入されても オイラは得しません

 

この細かな泡が好きなのは 人間だけではないようで・・・。

2006072410  

 

 

 

 

 

 18Φ×150使用

 

早速 細かな泡を体感する スバッティーさん(まだ仮名)

ウロコの無いフグには、この感触が気持ちいいんでしょうか?

2006072411  

 

 

 

 

 

 

 

・・・褒められちった♪

 

不細工なフグごときに褒められ、有頂天になる飼い主。

上下関係が微妙な 2006年の夏。

 

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2006-07-27

見られてる・・・

私達人間は お魚を観賞しています。

でも お魚にとっては どうでしょうか?

きっと 人間と同じで 私達の生活を観察しているんですよね?

38brainさんもブログで書かれていましたよね?)

 

今日のご飯は何か? ご主人はどんなテレビを見ているのか?

ニヤニヤしながら水槽を眺めたり、カメラで撮影。

水をこぼしてアタフタ。 アホな顔で放心状態。

・・・そんな様子を 見ているのでしょう。

 

地球上最高の知能を持つと言われる ホモサピエンス。

品格を下げないように ちゃんと生活しなくちゃいけませんね?(反省)

 

そんな事を考える ホモサピエンスに視線が・・・。

親分&月光 の師弟コンビ

200607161  

 

 

 

 

 

 

 

・・・オイラのパンツ姿が そんなにセクスィか!?(照)

 

ホモサピエンスの品格・・・6point ダウン

 

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2006-07-26

言いたいことあんねん

先日お迎えした 中型のフグ、テトラオドン・スバッティ。

初日に比べて、少しづつ環境に慣れてきたようです。

 

今では水槽内を探索するようになりました。

それでも動きは非常にゆ~っくり。

60cm水槽を 5分かけて1周するといった具合でしょうか?

 

そんな スバッティさん(仮名)から ご不満が。。。

200607242  

 

 

 

 

 

 

 

200607243  

 

 

 

 

 

 

 

200607244  

 

 

 

 

 

 

 

200607245  

 

 

 ←ちくちくマツモ

 

 

 

 

・・・そんなに不満なら、広いトコに行ってください (切実な願い)

 

そんなスバッティさん(仮名)が気に入ってくれるのは いつの日か!?

 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006-07-25

さくら散る

えー・・・今日は しんみりしたお話です。

 

※この記事は7月初旬に書いていたのですが、

動画を作りたくて 加工のために公開が遅くなったことをお詫びします。

 

ホワイトフィン・ロージーテトラの「さくら」が☆になりました。

 

☆になったのは6月末。

帰宅したら 姿が見えなくって・・・探したら背面の底に沈んでいました。

正直 原因は不明なんです。

水質測定の結果は問題なし、他のお魚も平気。 水温も普段より低め。(28℃)

 

でも 何らかの不手際があったんですよね?

 

ゴメンな さくら。

そして、今までありがとう。

 

このまま葬ってしまうのはイヤだったんで、この気持ちを動画にしてみました。

・・・>「sakura.wmv」 (25MB)

この想いが天に届きますように。。。

 

思い入れが深かったために、久しぶりに凹んでいますが・・・

そうも言ってられませんね。

次なる犠牲者を出さないように、気を引き締めていかないと。

 

明日からは またいつもの「楽しいブログ」になると思います・・・。

だって 「寂しいブログ」なんて、誰も見たくないと思うから。

 

| | コメント (59) | トラックバック (0)

2006-07-24

まねっこ

底モノ水槽の 「メゾン・ド・ドルフィン」にて・・・

 

説明は不要、とにかく ご覧ください。

 

2006071518  

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・可愛すぎて 食べちゃいそう。

 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006-07-23

期待の新人?

どーも、でむちんです こにゃにゃちは♪

 

先日からの予告通り、新人さんをお迎えしちゃいました。

ショップで目が合ってから 激しく恋してしまったお魚・・・。

 

テトラオドン・スバッティ (Tetraodon suvattii)

中型(現在15cm)のフグでございます。 勿論 ウチでは最大。

 

ショップには こう書かれていました。

「Tetraodon suvattii   別名:ブタフグ

あのさ・・・「フグ」って 漢字では「河豚」って書くんですよねぇ?

さらにブタが付いて・・・「豚河豚」って・・・(汗)

そこまでブタをアピールしなくてもいいじゃん・・・(同情)

 

一番惹かれたところは 可愛くも悪そうな顔立ち。(悪カワっていうの?)

そして なんともいえない脱力感。

明らかにアベニーとは正反対の位置づけではありますが、これがなかなか・・・。

 

では、飼育環境を。。。

200607231  

 

 

 

 

水槽 : らんちゅう水槽(60cm) ※初代アベニーマンション

底砂 : スドー ボトムサンド (コイツは砂に潜るので)

濾過 : テトラ EXフィルター75 (濾材は標準仕様)

照明 : 自作 20w蛍光灯×1 (パルック・クール色)

他  : 常時エアレーション、PCファン冷却(28~30℃)

※ タッパーの中は活性炭です (まだ水が若干濁ってるんで)

 

今後は石をメインで 茶色系のレイアウトにしてみたいですね。

メンテナンスを考えると、水草は活着したものを選ぼうかと思います。

ただ、凶暴なだけに オトシンやエビを投入できないのがツラい所。

・・・地道に掃除しますか。

 

200607232  

 

 

 

 

 

 

 

200607233  

 

 

 

 

 

 

 

200607234  

 

 

 

 

 

 

 

200607235  

 

 

 

 

 

 

 

200607236  

 

 

 

 

 

 

 

・・・その場所、凄く撮影しにくいトコなんですが(汗)

 

水槽投入後、センターにいたのは30秒。

それから数時間経っていますが、↑の場所から微動だにしません。。。

 

ネットの情報でも「すぐ隠れる、動かない」と評判(?)の このフグ。

どんな姿で楽しませてくれることやら?

 

| | コメント (22) | トラックバック (1)

2006-07-22

そんなトコロに!?

先日お伝えした レッドラムズ繁殖プラケ。

・・・ま、繁殖後の運命は お察しの通りかと思います。

以前のブログでも書きましたが、「アベニーのご飯」になっちゃいます。

アベニーが家にいる家庭では・・・自然と こうなってしまうんですよね?

 

そんなアベニーご飯、レッドラムズ。

元々水草水槽から引っ越した3匹でしたが、今では30匹くらいに増えました。

(1mm程度のチビも入れると、50以上?)

そしてプラケースに付いている卵の数もいっぱい。

あとは ネズミ算式に・・・という訳ですね。

主である アルビノランプアイは捕食しないようなので安心です。

 

でも、そんな中 よーく観察してみるとこんなヤツが。

200607151  

 

 

 

 

 

 

 

ちーさなツブツブ 見えますか?

・・・殻に卵を産み付けられてるし(汗)

これって、彼らなりの”いぢめ”のように思えるのですが・・・考えすぎ?

 

続きを読む "そんなトコロに!?"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006-07-21

ステキな出来事 ②

お待たせしました! つ、ついにステキな出来事が!!(興奮中)

 

底モノ水槽に建設した 「メゾン・ド・ドルフィン」

ここに即日入居してくれた クラウンローチの「ぴえーる」がっ!

 

200607162  

 

 

 

 

 

 

 

入居後すぐに 寝てくれてる~♪ (キレイな横寝)

しかも、結構 奥行きがあるのに、一番手前で寝てくれてる~♪(笑)

 

思いっきり爆睡中の「ぴえーる」を起こさないように、親分もゆっくり移動。

常識をわきまえてますねぇ。

・・・関心 関心。

 

200607163  

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・一番ドタバタしてるヤツに言われると、なんかムカつく (怒)

 

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2006-07-20

ステキな出来事 ①

とりあえず手持ちの材料で作った 底モノ水槽の「メゾン・ド・ドルフィン」

不細工な外観は 今後塗装するとして・・・なかなか いい大きさで完成しましたね。

一番下にある4つの小さな穴は、クーリー&コリ・ピグミー用。

そして大きな穴は クラウンローチの「ぴえーる」用です。

それなりに成長しても平気なように 大きめに作ったんですが・・・どうかな?

 

ちなみに親分は狭いのがキライらしいんです。 そういう光景、一度も見たこと無いし。

 

早速 住人のチェックが入りました。 大家さん(オイラ)ドキドキです。

2006071512_1  

 

 

 

 

 

 

 

 

2006071513  

 

 

 

 

 

 

 

 

2006071514  

 

 

 

 

 

 

 

 

2006071515  

 

 

 

 

 

 

 

 

2006071516  

 

 

 

 

 

 

 

 

2006071517  

 

 

 

 

 

 

 

 

ぴえーる 入居決定♪

 

あれ?・・・ご不満ですか? どこがステキだって??

いや、焦らないでください。 この後 最上級のステキな出来事が!

・・・②へ つづくっ!

 

続きを読む "ステキな出来事 ①"

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006-07-19

新アイテムの建設

全てはお魚のために・・・

みなさんも同じようなことを考えていると思います。

そして オイラも日々思っています。

どうしたらこの環境の中で楽しんでくれるのか?安心してくれるのか?

母国で捕獲され、遠い日本という国で 変わりなく過ごせるのか?

・・・全く同じ環境にする事は不可能ですが、少しでも近づけることはできます。

でも 設備や時間の関係で、なかなかできませんよね?

 

せめて安心してもらえる環境を 整えてあげたい!

ショップから我が家に誘拐してきたクセに そんなことを考えるんです(笑)

・・・なんて 心優しい誘拐犯なんでしょうか?

 

さて、なんでこんなことをダラダラ書いたのかというと・・・。

ま~た 作っちゃいました。 塩ビパイプとシリコン接着剤で 隠れ家を。

その名も・・・「メゾン・ド・ドルフィン」

・・・でも なんでドルフィンかって?

 

だって、こんなだから。

  

2006071511  

 

 

 

 

 

 

 

 

屋根には小さなイルカさん。 隣に大きなイルカさんを添えてみました♪

 

突然の出現に 驚きを隠せない「月光」。

 

この新築物件「メゾン・ド・ドルフィン」で ステキな出来事が起こる♪

・・・つづく。

 

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2006-07-18

お気に入り♪

コリドラスの 「エメラルドグリーン(ブロキス)親分」。

最近は 色々な出来事がございました。。。

親分大暴走 の巻

孤独に耐えるぜ! の巻

頼られてるのか? の巻

 

なんだかんだ言っても この水槽の主。 そして良きリーダー。

みんな仲良く 寄り添うように生活しているのです。

仲が良すぎると たま~に距離をとりたくなる。

そんな絶妙な関係が 出来上がっているのかもしれませんね?

 

そんな親分が大好き(?)な 甘えん坊の小僧。

ベネズエラオレンジの「月光」。

先日は お小遣いをおねだりしていましたが、優柔不断な性格が仇となり失敗。

お小遣いはもらえませんでしたが、代わりに 親分の信頼をゲットしたようですよ?

200607152  

 

 

 

 

 

 

 

 

ある意味 逃げ場を失った月光。 動くとまた大暴れしそうですもんねぇ?(汗)

 

この関係が 吉とでるか?凶とでるか?

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006-07-17

プラケの主

ウチの場合、「レッドラムズホーン」は こんなところに住んでいます。

200607103  

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと前の写真なんでラムズの数は少ないですが、今では何倍にもなりました。

 

このケース 100円ショップのフィギュアケースなんですが、

一応 スポンジ濾過を付けています。

・・・なんでラムズのために濾過なのか?

 

それはね・・・。

 

200607104  

 

 

 

 

 

 

 

憶えていらっしゃいますでしょうか?

この子(アルビノ・ランプアイ)、本来 水草水槽用に連れてきたんですよ。

でも、ある日飛び出したようで・・・朝 覗いてみたらココにいました。

pHショックなんかを心配していたんですが、本人はいたって平気な様子。

この子の意志を尊重して(?)、今では そのまま住んでもらっています(笑)

たまーに発生するミズミミズなんかも食べてくれるし、なかなか使えるヤツです。

レッドラムズの中に 唯一の魚。。。まるで主ですね。

 

そんなプラケの主が守っているのは ラムズの卵。

200607105  

 

 

 

 

 

 

 

・・・別名「アベニーご飯」。

 

| | コメント (99) | トラックバック (0)

2006-07-16

お嫁さんのために

アベニー水槽のセンターには このような流木があります。

200607106  

 

 

 

 

 

 

 

余った流木を寄せ集めただけ?・・・いやいやちゃんとした理由が。

 「アベニーの産卵を待つため」なんです。

色々なサイトで勉強していると、アベニーは卵をモスに産み付けるようで。

・・・それまでに茂ってくれればいいかなー?って思うのです。

 

で、問題は誰が一番パパ&ママになるのに近いか?

ママ候補は4匹。でも全部がちびっこで あと半年くらいかかりそう。

・・・だけど パパは間違いなく 年長さんの「ぶぅ」でしょう?

 

早く お嫁さんを見つけてね♪

 

すっとぼけ顔の「ぶぅ」さん

200607107  

 

 

 

 

 

 

 

早く 孫の顔を見せておくれ・・・ふがふが(でむ爺より)

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006-07-15

酢の怖さ

えー、あまり語りたくないので 写真のみで見ていただきましょう。

・・・つーか、見せたくもない写真ですが。

 

先日 コリ水槽の大掃除をし、レイアウトも変更しました。

その時に報告した 「アヌビアスナナのコケ」のお話です。

コケを枯らすために試用した 木酢液の原液。

コケも赤くなって 良い感じ~♪と思っていたら。

 

1日後・・・

200607109  

 

 

 

 

 

 

 

2日後・・・

2006071010  

 

 

 

 

 

 

 

3日後・・・

2006071011  

 

 

 

 

 

 

 

4日後・・・

2006071012  

 

 

 

 

 

 

 

・・・紅葉させちゃった♪(アハッ)

 

やっぱ原液は強烈でしたね。 葉っぱの中まで浸透したようです。

でも 現在は朽ちた葉も取り、綺麗にカット。 新葉も生えてきました。

 

・・・みなさんも 木酢液にはご注意を。

 

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2006-07-14

もえもえ

先日 飼い主のオイラも含め、皆さんを萌えあがらせた「ぶぅ」。

・・・毎日あんな調子なんですよ。

 

しっかし アベニーって「おりこうさん」ですよね?

飼い主の動作を憶えて、「もうすぐご飯」っていうタイミングを把握してるんですから。

普段は水槽下の小物入れに 赤虫用の容器(ミニタッパー)を入れているんですが、

そこに手を伸ばした途端、全員が手元を見ながら近寄ってきますからね。

・・・食べ物への執着心は凄いや(関心)

 

今日も 食事前の「エサくれダンス」なのですが・・・。

ちびっこって お兄たんの「ぶぅ」とは違った雰囲気ですね。

200607108  

 

 

 

 

 

 

 

・・・意味は ちょっとづつ憶えなさい。

 

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2006-07-13

ボトルアクア 始めました

ボトルアクアリウム。

様々なブログでも紹介されているので 説明は不要ですね?

スペースが無くても手軽に始められることが人気の秘訣。

濾過装置やヒーターは不要で、底砂と水草や小さな魚を入れるだけ。

とにかくお財布に優しい、最も身近なアクアリウムでしょう。

でも、それ故に 非常に維持が難しいものでもあります。

小さいということは、レイアウトが限られるということ。

生体と水草のバランスも重要。

・・・この絶妙さが 奥深さ&耐えない人気の理由でもあるんですねぇ。

 

で、オイラも始めようかな?って思うんですが・・・良いボトルがなかなか無い訳で。

(aquafoxさんの「あくあ日記」がオイラに火をつけたのだ)

・・・結局 今までは構想段階で終わってしまいました。

 

ところが、ホームセンターである物を見つけた為 熱意が再発。

でも ボトルではありません。 ・・・ワイングラスです。

200607112  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高さ 約17cm、胴周りは12cmCDほどの大きなワイングラスです。

底にソイル(アマゾニア・パウダー)を敷き詰め、小さな青龍石を背面に置きました。

(センターに置くと 横方向から見たときに、レンズ効果で肥大して見えるから)

水草はヘアーグラスとグロッソスティグマ。 ま、余りモノですね(笑)

現在は 水草水槽の20w×3灯の照明で様子を見ています。

 

200607113  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この角度で見ると、水景の一部を小窓から除いているみたいですね。

 

生体も入れたいのですが、まだ決めていません。

この形状だとシート状のヒーターさえ使用できないし。

・・・やっぱアカヒレ&レッドラムズですかね?

 

課題も問題も多そうな予感がしますが・・・どうなることやら?

 

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2006-07-12

水質チェーック

先日 「aquamind laboratory」さんで購入した商品。

注文の2日後には到着しておりました。

 

今日は その感想を。

・・・といっても、他のブログにも沢山のレビューがあります。

同じことを書いてもしょうがないので、「嫁と上手くいっていない姑」のよーに、

厳しくチェックしていきたいと思います(ウソ)

 

あ、早速 梱包にホコリ発見!(ムキーッ!!)

・・・いや、これ ウチのホコリだわ(困)

 

 

今回購入したのは 「pH」「GH」の検査キットと 炭酸カリウム。

あと、ステッカーを3枚追加!(車に貼ろうかと)

200607101  

 

 

 

 

 

 

 

キットの中にはコンパクトにまとめられた検査液やスポイトが。

そして分かりやすく、勉強もできる説明書。

これなら初めての方でも 不安を持つことなく検査できますね。

 

ウチの水草水槽は こんな感じ・・・。

200607102  

 

 

 

 

 

 

 

pHは目標値通りの6.8ってトコですね?

水質調整材は無添加なので、この数値には驚きでした。

底砂もソイルじゃなくて ガーネットサンドを使用していますし。

・・・結構バランスいいのね?

GHは6。 ウチの水草を育てるのには 可もなく不可もなくっていう値ですかね?

青龍石がそうさせてるのかな?

でも、パールグラスには これくらいが丁度いいかも。

・・・爆殖するわけだわ。

※基準として・・・水道水:pH=7.2 GH=1.5

 

 

さて、ここで製品についての感想を。。。

これらのパッケージは全て「サラサラ」とした感触の素材なんですね。

水槽関連に使用するパッケージとしては、なぜ?っていう感じです。

だって 水滴が付けば折角の綺麗なパッケージが 水分でふやけてしまう。

コーティングすれば水滴が付いても平気なのに。

「これじゃ 濡れた手で触れないじゃん!」・・・と。

 

でも、この素材の選択は正解だと思うんです。

この商品は ”濡れた手で触らせない” 雰囲気にしてくれているんです。

今から行うのは水質の測定。 正確な分量を量り、色を数値として示す作業。

それなのに濡れた手で無造作に扱う。・・・そんな心構えじゃダメでしょ?(言いすぎ?)

 

製作者の意図とユーザーの意図には 本来若干の誤差があるはず。

性能、簡易さ、デザイン、販売価格、製造コスト、生産性・・・意図は違って当然です。

でも 双方の意図が共鳴した時、ユーザーは”購入”という行動をとるんです。

そして”製作者とユーザーを繋ぐもの”になって届けられます・・・それが「商品」

このパッケージに触れると、指先から想いが伝わってくるんです。

ユーザーの事を一番に考えられた という想いが。

 

あと、他社の商品からすれば 測定の工程は複雑かもしれません。

試験紙を水に1分漬けるだけで測定できるものも多々あります。

カリウム溶液も自分で溶かすことなく、成分調整した状態で売っています。

でも、この複雑な工程が逆にアクア魂を刺激するんですよ。

 

アクアリウムって「簡単にはできない良さ」がありますよね?

レイアウトや水草飼育にしても、生体の飼育や繁殖にしても。

手塩にかけて育てた水槽。 試行錯誤で今日まで維持できたという喜び。

その水質がどんなものだろうか? 一瞬にして結果が出ないドキドキ感。

試験液を入れるまでの時間。 試験液を入れた瞬間に色が変わった驚き。

その全てに立ち会うことができる 良い商品だと思います。

そして、「化学はもっと楽しいものなんだ」・・・それを知ることができるんです。

 

以上、でむちん流のレビューでした。

 

・・・文章が熱いって?

だって、手に触れた瞬間から「アマラボ信者」になったんですもの♪(笑)

(つーか、この略し方でいいの??)

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006-07-11

底モノ水槽のパールグラス

以前、底モノ水槽には いくつかの水草を植栽していました。

アマドンソード、テネルス、スクリューバリスネリア・・・

でも 今はパールグラスだけ。

 

ホントは植栽自体 悩んでいたんです。

・・・だって コリドラスがいるから、確実に掘り返されますもん。

だけど見栄えや富栄養化対策で植栽決定!

始めは抜けてばかりだったけど、今はちゃんと根付いてきました。

200607051  

 

 

 

 

 

 

 

・・・元々数本だったパールグラス、

トリミング&植栽の繰り返しでちょっとした「林」になってきましたね。

影の部分は クーリーローチの遊び場になっています。

 

しっかし、水草水槽と比べて こうも生長が違うもんなんですねぇ。

底砂は水草水槽と同じように「ガーネットサンド」。

フィルターこそ違いますが、濾材も水草水槽と同じなんですよ。

水草水槽は爆殖。こちらの底モノは細々。。。

やっぱ照明&二酸化炭素なんでしょうか?

・・・秋までには 生い茂ってくれるのかな?

 

続きを読む "底モノ水槽のパールグラス"

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2006-07-10

萌える?

久しぶりにアベニーの「ぶぅ」を撮影してみた。

珍しくカメラ前に寄ってくる「ぶぅ」。

 

流石 ご飯前、飼い主に対する愛情表現がハンパじゃないっすね。

・・・食べたら逃げるクセに(汗)

200607055  

 

 

 

 

 

 

 

・・・ズーム。

 

200607056  

 

 

 

 

 

 

 

・・・はい、撃沈っす。

 

と、今日も沢山の赤虫を 放り込むのであった。

 

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2006-07-09

立ち立ち♪

このタイトルの表現、ご存知でしょうか?

兎夢さんのブログ「THE SUISOU」で 披露されたアレです。

ブログ中のコメントでも「頂きます」と宣言(?)したとーり、

本日 使わせていただくことになりました。

 

クラウンローチ 「ぴえーる」の立ち立ち♪

200607054  

 

 

 

 

 

 

 

・・・ナナの裏が好きみたい。

 

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006-07-08

これってリシア?

今日は 皆様に質問です。

 

水草の種類は非常に多く、日々新種が見つかっているようです。

それらには正式な学名は無く、「~sp. (species=~の一種)」という名前で、

店頭に並んでいる場合が多いですよね?

似ているだけで実際には全然違う品種・・・みたいこともあるようですが。

 

その日々増えていく水草の種類に 「リシア」という浮き草があります。

明るい緑、気泡を付ける姿、育った時のボリューム感。

それが好きでレイアウトされている方も多いでしょう。

ご存知の通り、ウチでも水草水槽で使っています。

でも・・・。

 

いつものように水槽を見ていたら・・・なんか変な光景なんです。

半透明なリシアが 水槽下で繁殖しているんですよ。

200607052  

 

 

 

 

 

 

 

判りますか?

スネールやミナミヌマエビの尻尾あたりのモノが通常色。

それ以外は 全てがクリア(半透明)っぽいんですよ。

葉の形状は通常と同じ。気泡だって付けます。

枯れていくわけではないので、養分の不足でも無さそうだし。。。

 

・・・こんなリシア 見たことありますか?

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006-07-07

月光のお願い

ある一件から みんなに仲間外れにされた親分。

それでも毎日ふがふがと 元気に暮らしております。

元々1匹狼のような性格の親分・・・精神的には あまり苦じゃないみたい(笑)

むしろ 気が楽ってか? いやいや、そんなことは無いはず。

みんなと一緒に まったりしていたいんだよね?

 

そんな親分に話しかける 小僧。

コリ・ベネズエラオレンジの「月光」です。

今日は 親分に相談があるみたいですよ?

200607057  

 

 

 

 

 

 

 

・・・さあ、どーする月光!?

 

200607058  

 

 

 

 

 

 

 

・・・何がイヤなんだ?

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006-07-06

炸裂!エサくれダンス

以前から何度も アベニーのお食事風景を動画でアップしてきました。

でも、ちびっこ水槽ばかりでしたよね?

建築&破壊を繰り返した アベニー水槽での食事風景は未公開でした。

・・・と いうことで

本日は 7匹全員が揃ったアベニー水槽でのお食事風景を動画で公開します。

 

その前に 補足事項を・・・。

オイラは帰宅後 次の行動をとります。

①一目散で部屋に戻る。

②カーテンと窓を閉め、水槽をチェック&点呼。

③水草水槽のCo2を止め、エアレーション開始。

④アベニー以外に ご飯をあげる。

・・・はい、この④がポイントですね。なぜ アベニー以外なのか?

ウチのアベニーは冷凍赤虫オンリー。キッチンに行かないと用意できないわけです。

しかもキッチンに行く→自分も腹が減る なので、夕食を食べちゃいます。(許せ)

 

つまり、帰宅後アベニーにご飯をあげるまで 15分~30分は要するんですね。

帰宅してオイラの気配&顔を見ても しばらくご飯が貰えないアベニー達。

その目からは 「視線」ならぬ「死線」すら感じる訳なのです(笑)

・・・さて、それを踏まえて 必死な食事風景をご覧ください。

 

・・・>アベニーの食事

 

ね?必死でしょ?(笑)

 

そうそう、後半の音楽は 「アベちゃん」と「アヴちゃん」を掛けてみました♪

(ヒューーーーーー)

・・・皆様に涼しい風が届きますよーに(祈)

 

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006-07-05

さくらと仲間達

最近 動画にハマっちゃってます。

・・・だって、写真に比べてピントが甘くても平気だし(笑)

・・・スタートすれば 3分は放置しても大丈夫だし(爆)

と、自分の都合は置いといて。。。

動画でしか見られない お魚の動きや表情を見てもらいたいんです。

 

編集に使用しているソフトは「ムービーメーカー」

Win標準装備の動画編集ソフトですね。

以前、「アドビ・プレミア エレメンツ」の体験版を使ってみたのですが、

予想以上に重く・・・意外に使いにくく・・・機能も少なく。

投資金額に見合わないと思い、試用2日で購入を却下しました。

 

普通に使う分には「ムービーメーカー」で十分ですね。

あとは細かな所を自分で調整してやれば そこそこ使えるソフトです。

 

今日は水草水槽をアップします。

デジカメを三脚に設置して、定点撮影してみました。

 

・・・>さくらと仲間達

 

さくら王女を筆頭に、アタフタと泳ぎ回る下っ端さん達。

この映像に ヒーリング効果は・・・あるのか?(謎)

 

 

続きを読む "さくらと仲間達"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006-07-04

ZZZ・・・

いつも はしゃぎっぱなしの、クラウンローチの「ぴえーる」

朝、暗いうちから パタパタと泳ぎ始め、

ご飯時には どんな狭いところに落ちたご飯でも果敢に攻める。

お腹がいっぱいになると 水面へ向かって息継ぎをし、

他のコリさんと一緒に遊んでいるのです。

 

たまには休みなさい・・・と声をかけようと思っていた矢先!

 

あ、寝てるぅ・・・。

2006062713  

 

 

 

 

 

 

 

・・・場所はともかく、やっと見られた横寝なのです♪

ナナを枕にして、どんな夢を見てるのだろうか?

 

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006-07-03

ぽつん・・・

先日 日光浴中に暴れだした親分。

 

やっぱり みんなからの冷たい仕打ちが・・・。

 

2006062712  

 

 

 

 

 

 

 

・・・親分 がんばれぃ!

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006-07-02

おなかぽっこり

ウチのアベニーは よく食べる。

もういいだろ?っていうくらい よく食べる。

ま、正直言いますと ご飯の与えすぎなんですけどね(汗)

ミニタッパーに冷凍赤虫を解凍すると、結構溶けるんです。

で、こんなもんだろう?と思ってアベニー水槽の前に立つと、明らかに多い。

・・・それが毎日。 だからアベニー達は パツパツでございます。

(学習しろって)

 

みんなコロコロ

200606273  

 

 

 

 

 

 

 

ブクブクのおなか

200606274  

 

 

 

 

 

 

 

健康に害があるかなー?って思うのですが

200606275  

 

 

 

 

 

 

 

ついつい 多めにあげてしまう

200606276  

 

 

 

 

 

 

 

でも、この姿がまた フグらしいでしょ?

200606277  

 

 

 

 

 

 

 

・・・あ、こんなお腹だから 竹炭ハウスに入らないのね。

(正確に言えば ”入れない” だが)

 

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006-07-01

気になる・・・

世の中には 「反面教師」 という言葉があります。

相手の悪いところや 嫌いなところは真似しない。

そうすれば、相手が与えている不快感を 誰にも与えない・・・ということですね。

ただ、これも解釈が微妙なところで・・・。

所詮 主観は自分。果たしてそれは一般的に正しいのか?独りよがりではないのか?

・・・そんな考え方もできるんですよね?

「正義とは 誰にとって正しいものなのか?」

・・・考えればキリがないので、サラッと流しておきましょうか?

 

人のちょっとした仕草が気になる・・・そんな時ってありますよね?

寝言、歯軋り、貧乏ゆすり、食べ方、箸の使い方。

・・・そんなマナーに関する事。

言い方、言葉の選び方、間の取り方、空気の読み方。

・・・そんな個人の生理的な事まで。

 

それに対して 2通りの行動が選択できると思います。

相手の事を想って 注意するのか?

相手の事を想って 何も言わないのか?

どちらが本当の優しさなのかは お互いの信頼関係で成り立つこと。

残念ながら 答えはありません。

 

 

さてさて、こちらは まったりのんびり 平和なコリ水槽。

今日も皆さん揃って、前面で日光浴中です。

200606278  

 

 

 

 

 

突然、白コリさんが みんなから抜け出してどこかへ行こうとしている様子。

200606279  

 

 

 

 

 

それを見た親分は、急に暴れだしました。

みんな揃って日光浴・・・そんな平和なひと時をもっと楽しみたかったみたい。

規律を破る仲間の事は 許せない性格のようですね。

2006062710  

 

 

 

 

 

さて、迷惑なのは 他のコリ達。

みんな仲良く ほのぼのしてたのにね。

親分の行動で のんびりタイムが台無しです。

2006062711  

 

 

 

 

 

・・・親分、このままじゃ みんなに嫌われちゃうよ。

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »