« レイアウト変更 | トップページ | マクロな月光 »

2006-02-05

広々カージナル

パールグラスの大繁殖で あまりにも窮屈だったお魚たち。 →こちら

カージナルテトラも なかなか大変だったと思います。

 

ランプアイやポポンデッタなんかは 上層部を泳ぐので、そこそこのスペースはありますが、

ラミーノーズやカージナルは 中層部なので、パールグラスが壁になってしまうんですね。

 

レイアウト後の今では 気分一新。 爽快に泳いでいます。

Tetra  

 

 

 

 

 

 

 

キューピーアマゾンの前で ボララス・メラーに絡むカージナル。

狭い日常から 急に広くなったんで、態度まで・・・(汗)

 

|

« レイアウト変更 | トップページ | マクロな月光 »

コメント

ひろおぴろお~
ろっぽんぎぃ~(えっ 違うの?)

いやぁ、赤が鮮明!カラシンもいいんですよねぇ。
で、いろいろ小テトラはおりますが、なんだかんだで一番好きなのはカーディナルとブラックネオン。

アマゾンではこのほかにプラニアやディスカス、アロワナ、ピラルク、レッドテールとまさに人材ならぬ魚材の宝庫!
一度は松坂実さんと一緒にブラジル入りしたい。

投稿: ドルコラ理事長 | 2006-02-05 21:43

水景を整えると、お魚さんがはしゃぎだす…
ちょっと大変だけど嬉しい瞬間ですよね^^
こんなにカージナルさんが鮮やかになっちゃったって事は…
よっぽど気に入ったのね♪

あ…でもカージナル君、はしゃぎすぎは注意だぞ~
ボララスさんの頭に「お怒りマーク」がっ(((^^;)!?

投稿: 更紗 | 2006-02-06 12:31

ひろびろ快適な居住空間。中層部カージナル達にも生存権あれ!\(^o^)/
それにしても 『モスの木』ってスゴい( ̄□ ̄;)!!

投稿: ロマンラーク | 2006-02-06 14:00

こんにちわ!引っ越しっと書いてあったので!急いでこっちにきました!ガーディナル・テトラですか?それともネオン・テトラ?
模様がかっこいい♪

投稿: balt-aniki | 2006-02-06 18:31

キレイですねカージナル。美しいラインがヒカリに反射してます。

投稿: yasutora | 2006-02-06 19:27

カージナルの鮮やかさは独特ですよね~
特別水草の緑に映えるって言うか・・
定番魚、侮りがたし!って感じです。
あと、ピロピロの文字がカージナルカラーになってる!(笑)

投稿: cube60 | 2006-02-06 20:50

た、態度デカっ(笑)
広くなってカージナルには良かったっすねー

投稿: みなと | 2006-02-07 04:06

★彡 ドルコラ理事長さん
この「いっぽんぎぃ」(笑)・・・なんか名前付けます。
アマゾンって凄い河ですね。
こんなのがゴロゴロしてるんですから。
行ってみたい所ですよ。。。
松坂実さんと一緒?・・・川口隊長じゃなくって?(笑)

★彡 更紗さん
なんか昔と発色が違うんですよ。
隅々まで鮮やかになったっていうか。
悪い環境から良い環境に戻すと、いい効果がでるのかも?
「開放感」ってヤツですかね?
「窮鼠猫を噛む」・・・そのうちボララスがカージナルを「きいぃ~」って追いかけそうな(汗)

★彡 ロマンラークさん
でも 広くなっても、同じところに居るんですよねー。
・・・なんでだ?(汗)
モスの木・・・活着という枠を超えて、生命感がありますよね。
ホントにこんな木があるみたいですよ。
自然の生長って凄いなぁ。。。

★彡 balt-anikiさん
ははは・・・急遽引越ししちゃいました。
ご訪問 感謝します!
これはカージナルの方ですね。
ネオンに比べて スッキリした模様が気に入りました。
この子達も 熱帯魚生活の初期メンバーなんです。

★彡 yasutoraさん
調子が良いとキレイ・・・もありますが、やっぱ赤色の照明効果もあるんですよね。
試しに赤の蛍光管をノーマルに変えてみたら、全然違った印象ですもん。
・・・アリガト 赤色蛍光管。

★彡 cube60さん
そうなんですよねぇ。
オイラも改めて カージナルの美しさに驚きました。
伊達に 昔から愛されていませんよ・・・。
文字、気付かれましたか?流石ですねぇ!(喜)

★彡 みなとさん
自分よりも小さい相手には こんな態度です。
大きなラミーノーズやポポンデッタには ヘコヘコしてますが(汗)
でも 広くなっても同じところに居るなんて・・・貧乏性なんですかね?
飼い主と同じだ。。。広い部屋は落ち着かない(笑)

投稿: でむちん | 2006-02-07 09:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レイアウト変更 | トップページ | マクロな月光 »